経済学のおさらい (おとなの楽習)

  • 39人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 小早川浩
制作 : 現代用語の基礎知識 
  • 自由国民社 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426106775

経済学のおさらい (おとなの楽習)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 門外漢なので、簡単な流れの理解には良かった。
    マクロ経済学がケインズによって創出され、それ以前のアダム・スミスの流派がミクロ経済学になった。
    ケインズ以降のマネタリズムなどについての説明はさらっとしている。

  • 面白かったです。

    こっから興味持った部分の本とか探せばよいのかなと思った。

    が、計算のところは、キチンと読まないとアホなのでわかんないや。

  • 良くまとまっている一冊。経済学を大学で学び市役所の試験を受ける前に猛勉強したが、イマイチ体系的な整理ができていないので人に説明できない。大学に入ってすぐこのての本を読んでいれば、また違った考えを持って生きて行けたかも。

  • 限界効用と無差別曲線
    古典派=アダムスミス=ミクロ経済学
    新古典派(ネオクラシカル)=限界革命
    マルクスの資本論、エンゲルス
    ケインズ「一般理論」=マクロ経済学=有効需要と乗数効果
    GDPの三面等価
    セイの法則と下方硬直性
    古典派の長期とケインズの短期
    サミュエルソンの新古典派総合
    スタグフレーションと反ケインズ革命
    フリードマン=K%ルール=マネタリスト=ニュークラシカル(新しい古典派)
    小さな政府=レーガン、サッチャー、小泉改革=ネオリベラリズム(新自由主義)
    リーマン・ショックとケインズの復権

全4件中 1 - 4件を表示

小早川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

経済学のおさらい (おとなの楽習)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

経済学のおさらい (おとなの楽習)の作品紹介

経済学をちょいとかじれば世の中の動きが底の底からわかってくる。中学レベルでさらりとおさらい。大人のための新しい教科書。

経済学のおさらい (おとなの楽習)はこんな本です

経済学のおさらい (おとなの楽習)のKindle版

ツイートする