はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 尾崎哲夫
  • 自由国民社 (2011年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426113551

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みやすい。良い本です。

  • 国際法の入門書。確かに3日間でわかるだろうが、1日でも概要はわかる(笑)

    国際法は大きく、国際私法と国際公法にわけられる。私法は個人等や法人島を対象とした法律(日本は、国内法の1つになる)であり、公法は独立主権をもった国家同士の関係についての法律である。

    国際私法に関しては、自然人、法人などの国籍、常居所、住所などから、どちらの国の法律が適応されるなどの、法律行為、消費・労働契約、物権、債権、婚姻、親子、扶養、相続などが問題になる。必要に応じては国際民事訴訟に基づいて、管轄、手続き、判断の証人・執行、仲裁などがある。

    公法では、慣習方や条約(文面化)などがあるが、国家(住民、領域、政府)として、領土(国境として、地、海、空、宇宙など)の規定があることによって、国際犯罪、国際機構、国家賠償なども範囲になる。

    このように、国際法の分類を理解するにはお薦めの本だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

尾崎哲夫の作品

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)を本棚に「積読」で登録しているひと

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)の作品紹介

語りかける解説+黒板メモ式のわかりやすい法律入門書です。コンパクトなサイズに充実した内容。基本を確認できるチェック問題つき。

はじめての国際法 (3日でわかる法律入門)はこんな本です

ツイートする