「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかた

  • 49人登録
  • 4.33評価
    • (6)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 岩松正史
  • 自由国民社 (2014年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426118549

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 傾聴=事実ではなく感情に耳を傾けること。

    公私ともに役立つ本でした。接客業の方には特におすすめしたい1冊です。

  • なんのために傾聴するのか、傾聴するには具体的にどうするのか、基本的なことがすっきりとまとまっている。傾聴を学んでいくなかで迷いが生じたときに、また読み返したい。

  • No.947
    1. 目的

    2. 得たこと

    3. アイデア

  • 傾聴=事実ではなく感情に耳を傾けること。公私ともに役立つ本でした。

  • 傾聴のスキルを知りたいのであれば、この本は適切ではないかもしれない。けれども、傾聴とは何か?、気持ちをわかることと事柄をわかることの区別とは何か?相手の気持ちに寄り添えないときはどうしたらいいのか?などの初心者の疑問や悩みがあるなら手に取ってほしい一冊。

    スキルばかり気にしていると、「傾聴ロボット」になってしまいかねない。
    「聞いてるフリ」ができればいいのではなく、相手の気持ちに寄り添うように。
    …それができるには、まず自分の気持ちを知ること。自分が自分に寄り添えてなければ、赦すことができてなければ、相手に寄り添う余裕はない。それはきっと、そうなんだろうな、と最近思っていたところだったので、頷いてしまった。

    傾聴の話から、最後は自分に素直になることの大切さを主張した本。

  • とても具体的で、実践的な内容。
    私は聴く専門職(カウンセラー)ではないが、ためになった。
    事柄にはこだわらず気持ちに重点を置いて聴くことが大事だとわかり、目から鱗が落ちました。

  • 出版記念講演会に参加しました。心のエネルギーを上げるお手伝いをしている岩松さんの優しい人柄が溢れる素敵な講演会でした。
    この本のメッセージは、「自分を認める」頑張っている自分も失敗した自分も、全て。笑顔で楽に生きることの大切さ。明日、目が覚めなくても後悔しない生き方をする。子供は大人の鏡。100年後、子供たちが今よりももっと自然に笑顔が増えている世界を夢見たとき、まず、今の大人が苦しむのではなくて、楽しんで笑顔でいることが大切!「自分から楽になる」運動に参加しよう!!

全7件中 1 - 7件を表示

岩松正史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
宮下 奈都
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかたの作品紹介

人の話が聴ける!あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかた。

「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書―あなたを聞き上手にする「傾聴力スイッチ」のつくりかたはこんな本です

ツイートする