やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気

  • 88人登録
  • 3.17評価
    • (2)
    • (5)
    • (12)
    • (5)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 植西聰
  • 自由国民社 (2015年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426119195

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00542302

  • 図書館で借りた。自己啓発です

  • アドラー心理学を参考にした、やる気を維持する方策集。
    すべては自分次第。大切な目的。ありのままの自分。自分の性格を変える。満足する・行動力。生きる自信。勇気と活力。人のために。楽観的。
    5分中断。足るを知る。

  • 学生からの推薦。
    見開き2ページで何かに取り組む気持ちを高めようとするもの。
    「一行三昧」という言葉はいいね。
    しかし,この種の本は尽きないね。それだけ困っている人が多いということか。

  • まぁまぁタメになる。

  • 請求記号: 159/Uen
    資料 I D : 50079611
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • 学んだ点
    ①ながら作業を決してしない
    ②失敗をどこが悪かったかを考えるのではなく、どうすれば良くなるかを考える
    ③実現不可能な夢物語を語るのではなく、「頑張ればできること」のレベルを少しずつ上げていく
    実践
    ①本を読む、業務を行う際は音楽などは聴かない。また、読書の時はスマホをカバンの中に閉まって開かないようにする。
    ②ミスがあった際は業務ノートに記載し、原因究明ではなく改善策を出して記入。その改善策を行えたか、毎週土曜にダンドリ仕事術と一緒に確認する
    ③今できないことを一気に全てできるようにするのではなく、一日一つ、必ずできるようにすること、行うことを朝決めて行動する。決めたことは自宅のホワイトボードに記入、帰宅後できたかチェックを行う。

  • アドラー心理学の解説。ありのままの自分で前向きに、といった内容が書かれている。わかりやすいが、単調。

    目次を下記に

    やる気のコツ

    第1章「すべては自分しだい」だと知る(自己決定性)
    自分の人生は自分自身で作り上げていく
    自分の創意工夫や、夢や希望を人生に生かす
    ハンディキャップがあっても、自分しだいで夢を叶えられる
    自分ができると信じれば、できないものは何もない
    やる気にならないことを「人のせい」にしない
    人のためになることをして「自分の価値」を高めていく
    周りの人に受け入れられることによって、やる気が増していく
    自分を捨てて人に尽くすことによって、自分ならではの人生を得る
    リラックスすることで、セルフコントロール能力が高まる
    強制的にやる気を盛り上げていく、こんな方法もある
    意志が強い人ほど、零落ち込みやすいという性格がある

    第2章もっとも大切な目的を見失わない(目的設定の効果)
    「与えられた目的」に「自分で決めた目的」を組み込んでおく
    どのような状況でも、人生の目的を叶える方法はある
    「目的地まで至る方法はいくらでもある」と知る
    「幸せになる」という目的を最後まで見失わずに生きていく
    一つの「小さな目的」にこだわることなく、柔軟に生きる
    いい休養があってこそ、活力あるやる気が生み出される
    「やる気が出ない」原因には様々なものがあると知っておく
    大切なのは原因追究ではなく、生産的な解決策を見つけ出すことだ
    「ここが悪かった」ではなく、「こうすれば良くなる」を考える
    「あの時、どうすれば」ではなく、「これから、どうするか」を考える

    第3章ありのままの自分で生きていく(自己受容)
    「ダメな自分」をありのままに受け入れてみる
    過去の失敗から「人生の知恵」を学び取っていく
    人は「笑われて強くなっていく」と信じてみる
    「失敗した自分」を受け入れれば、新たなやる気が出てくる
    自分と他人を見比べて落ち込まないようにする
    劣等感に惑わされるよりも、自分の強みを生かしていく
    意思と行動によって、すばらしい人生を作っていく
    「がんばれば、できること」のレベルを上げていく
    とらわれない心で、自然体のやる気を導き出す
    優先順位をつけて、一つずつ仕事を終わらせる
    「あれをやりながら、これをやる」という習慣が、やる気を損ねる

    第4章自分の性格を変えていく(行動習慣と考え方のくせを変える)
    自分の性格は「変えられない」のか「変えられる」のか?
    やる気になったことを、とりあえず「七日間」続けてみる
    「これまでの習慣を変えたくない」という意識を乗り越える
    知らず知らずに身についている「悪い考え方のクセ」を直す
    「今日まで生きてきた」だけで、自分はすごい力を持っている
    マイナス面ばかりに気を奪われて決断すると、後で後悔する
    100点満点を目指さないほうが、やる気が持続する
    新しい環境には、ゆっくりと慣れていくのがいい
    使命感が強い人ほど「燃え尽き症候群」に注意する
    時間の経過を速く感じるための三つの要件とは?
    「多少の困難はあるが、がんばればできる」ことを目標にする

    第5章満足することが、明日の行動力を生む
    やる気になったら、すぐに実行するほうがいい
    やる気にならないからこそ、何か「やってみる」ことが大事になる
    やってみるから、その趣味についての興味が深まっていく
    5分だけ今やっていることを中断し、やる気になったことをする
    自分の人生に満足できるかどうかは「自分しだい」で決まる
    「お金」より「いい仕事をする」ことを重視する
    新しいことにチャレンジし、いい成果を出していく
    旺盛なチャレンジ精神が、若々しいやる気を生み出していく
    失敗を怖れず、「成功したい」という気持ちを強めていく
    プライベートの生活でも「締め切り」を作ってがんばっていく

    第6章生きる自信を身につけていく
    「生きる自信」は、みずから意識的に作り上げていくものだと知る
    今持っている才能や能力の「上手な使い方」を知る
    「ひらめき」が自信をもたらすのではない、「努力」が自信を作る
    「自分が向いているもの」を知り、それに従事できるよう努力する
    試行錯誤を経て、「自分を生かせること」を見つけ出す
    やりたいことを持ち、それを実現していく努力をする(自己決定感)
    思い通りにならない中でも、思いを実現する努力を続ける
    周りの人たちに自分を知ってもらうことで、チャンスが広がる
    自身がない人ほど他人に助けを求められないで、一人で悩む(要請コスト)
    苦労する経験によって、生きる意欲がさらに大きくなっていく
    一人と同じことをやる」よりも「人と違うことをやる」のが賢い

    第7章勇気と活力とを発揮する
    旺盛な好奇心が「生きる意欲」を作り出していく
    夢や願望が叶った時の自分をイメージする
    「楽しいことを楽しむこと」が心の活力を生み出す
    ポジティブな言葉の力によって、心をやる気にする
    時には「うぬぼれ」が、強いやる気をもたらす
    怖れていては、「いい解決策」は何も見つからない
    打ち倒されても、また起き上っていく勇気を持つ
    苦しい状況の中で、自分のやる気の本気度が試される
    やる気を実現するために必要なものは「勇気」である
    「勝つ」勇気に意味がある、「負ける」勇気は意味がない

    第8章人のためになることをする捌
    「自分のため」プラス「大切な人のため」で、やる気が増す
    「自分のため」と「人のため」は相反する生き方ではない
    人に「共感」できる人が、人を喜ばせることができる(共感、信頼感、貢献感)
    「信頼する相手」がた暮んいる人は、意欲的に生きていける
    誠実正直に生きる人の周りに、誠実正直に生きる人が集まってくる
    「自分が幸せ」と同じくらい「人の幸せ」に意欲的に生きる
    人のために貢献する気持ちが、多くの共感者を集める
    たんなる虚栄心からは、強い意欲は生まれてこない
    お客さんの感謝の言葉をやりがいにしていく
    共に成長してマライバル心を持つのがいい

    第9章何があっても楽観的でいる
    うまくいかない時に大切なことは、気持ちを楽にすること
    苦境に陥った時こそ、楽観的に物事を考えてみる
    叱られるのは「期待されているから」と考えるのがいい
    楽観的になるコツは「理性的に考える」ことにある
    「だから思考」を「であっても思考」に切り替える
    人からほめられることが、さらなるやる気を導き出す
    「~ねばならない」「~べき」で、クタクタに疲れきっていく
    やる気を失った他人に、自分のやる気まで奪われることはない
    部分的なことばかりに気を取られるから、やる気がなくなっていく
    狭い考え方しかできない自分の殻に閉じこもらない

全8件中 1 - 8件を表示

植西聰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気を本棚に「積読」で登録しているひと

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気の作品紹介

あなたの人生を幸せにできるのは、あなただけ。「はじめの一歩」を踏み出したいあなたに。

やる気のコツ──アドラーが教える9つの勇気はこんな本です

ツイートする