ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。

  • 130人登録
  • 4.06評価
    • (11)
    • (15)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : 鈴木海太(株式会社ELENA Lab.) 
  • U-CAN (2012年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784426603878

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 15.oct.29

    旅先で出会った人々に、自分たちができる範囲でできることをする「ソーシャルトラベル」という旅をした夫婦の軌跡。

    自分も著者のように、社会貢献というものには高いハードルを感じていた。今まで募金(それも大した金額ではない)くらいしかしたことがなかったし、遠くの国の人に何か施しを行うというよりは自分の生活で精一杯だし…という半分言い訳のような考え方をしていた。

    この夫婦は旅先で出会った課題に対して、自分たちの持っている資金や能力・キャパの範囲内でヒアリングを行い、足を動かして様々な地で取り組みを行っていた。
    「これだけお金があれば新しい校舎が建てられる」と寄付をストレートに求められても、お金をそのままあげる抵抗感と、モノを納めるというのは自分たちの自己満足なんじゃ…?というジレンマは誰でも陥るものだろうと思う。

    「皆が少しずつ気軽に人助けできる社会になったらいいよね」という言葉。すごく共感した。
    「selfish compassion」の精神を私も持ちたい。
    今は東北復興新聞の編集をしているそうだけど、他にも本あるのかな、読んでみたい。

    この地でできたこと、できなかったこと、反省というのをストレートに描いてるところに共感したけど、ひとつだけ!
    project1のブッダガヤで夫婦が現実のジレンマに直面して二人で大泣きしてる、という文章の挿絵(?)にバッチリ撮影した奥さんの写真がどーんと入ってるとこに冷めた!なんでここだけドラマチックに演出してんの?二人とも号泣したという割には冷静にキレイな写真撮ってんの?カメラマン付いてきてないよね?となってしまった。。
    そこだけ残念だったので星4つ。

  • selfish compassion自分勝手な思いやり。が印象に残った。ボランティアする人は聖人でなくてもいい。
    その行動が人の未来のHOPEの一片につながるのであれば立派な社会貢献である。

    とはいえ、恵まれすぎている日本の生活に慣れすぎている自分にとって、それを実践するのは何か後ろめたい感じがある。

  • 本間夫妻の人柄がでていて、時々思わずうるっとしてしまう本。
    社会貢献とかはボランティアってなんだかきれいに聞こえるけど、やりたい人がやればいいし、いろんな関わり方がある。
    人の目を気にしたら偽善だとか気になってしまうことがあるけれど、要するに自分がやっててハッピーなら、ぜんぶオッケーだと思う。

  • 社会起業をめざして思考錯誤してた時、フェイスブックで誰かがこの本のこと投稿してて、気になって購入。

    社会を変える小さな一歩につながる旅。日本を離れ異国の地での様々な出会いによって、どんどん成長していく夫婦の姿にたくさんの勇気をもらいます。

    人として生まれたことの喜びって、こういうことでもあるんだろうなあと深く感動。旅も社会貢献も大好きな方にめちゃくちゃおすすめな一冊。自分の人生とともに、社会を変える、そんなトラベル、いつかする!

  • 企業を立ち上げ軌道に乗ってきた夫と雑誌の編集者として楽しく働きだした妻。2人はハワイで結婚式を挙げ、順風満帆のはずでした…。が、なぜか仕事を辞め、旅に出ます!社会貢献というものには抵抗があった2人。旅先のインドで出会ったソーシャルワーカーたちや現地で聞いたこと、見たものに心を動かされ、自分たちのできる範囲で手助けをします。旅行をしながら、社会貢献をするという新しい旅のかたちを提案している本書。こんな旅行も素敵かもと思える一冊です。 

  • 「社会貢献」特に寄付を募ることに引っ掛かるものを感じていた夫婦が、現地の社会に飛び込んで、「自己満足でいいんだ」ということに気付き、活動を繰り拡げて行く。そして、ブログの読者も巻き込むに至る。
    当事者に悪影響を与える可能性には気を配りつつ、活動の方法を模索して行く過程がよい。

  • 自分ができることをやればいい。
    中途半端でも自己満足でもいい。
    やらないよりはマシ。

    いい本!!おすすめです!

  • 2013年23冊目。

    ワクワクによる鼓動の高まりが止まらなかった。
    「ここからなら自分にもできる」とプロジェクトを立ち上げた頃の自分に、
    もう一度出会い直せた気がする。

    言説や理論ではない、等身大でガチンコの社会貢献・国際協力の形が綴られていた。
    本当に正しいのか、自己満に終わっていないか・・・
    そんな人間らしい迷いを持ちつつも、
    それでもやれる何かに向けて一歩を踏み出したとき、
    多くの力が不思議と集まる・・・
    その高揚感が思いっきり伝わってきた。

    旅関連の本の中でも指折りの一冊。

  • 友人が書いた本なのですが,夫婦で世界中を2年間旅して,気付いたことを赤裸々に書いている本です。新しい旅の仕方と人生としての生き方を考えさせてくれる名著です。本当に魅力的な夫婦なんですよ!是非読んでみてください。

  • 発売を知ってからずっとずっと読みたかった本。
    一気に読みました!!

    海外、特に途上国を旅すると嫌でも考えざるを得ない、
    貧困問題や支援の在り方。
    私自身途上国行くたびにこの問題にぶちあたり、
    自己満足?偽善?そんな批判的な目で自分を見てしまうことも。

    著者のふたりも、同じような葛藤を抱えながら、
    それでもその壁を突き破って動く、動く。とにかく行動に移す。
    そこからまた気付いて、学んで、次のアクションに繋げる。

    海外から来た人がボランティアなど様々な形で
    彼らの生活の手助けをする。
    それは決して自分と彼らの生活を比べて、とか上から目線とかではない。
    好きだから、やりたいからやっている、ただそれだけ。

    現地で出会い、心を通わせることができた目の前の人たちのために、
    なにか“してあげたい”ではなく、なにか“したい”と思う、
    純粋な気持ちからうまれるもの。
    少なくとも私はそうだと信じている。

    “Selfish compassion”というダライ・ラマの言葉。
    自分勝手な思いやり。
    あぁ、それで良いんだ。ガツンときた。

    特別なスキルなんてなくたっていい、実際に彼らが持っていたものは
    アツい思いとそれを具体的アクションに落とし込む、
    発想力、提案力、そして行動力。

    そしてメディアを使いこなす力。
    メディアがどんどん進化し、自分の声をブログやツイッター等でより広く、
    (直接知らない人にまで)届けることが可能になった今。

    ボランティアや支援の形もますます多様化し、アイディア次第で
    今までは考えもつかなかったような、実現不可能だったことも
    どんどんできるようになってくるだろう。
    しっかりキャッチアップして、そういったスキルも磨いていかなきゃな。

    私自身、近い将来に世界一周を実行するつもりでいる。
    彼らの体験をヒントに、自分らしい旅のスタイル、想像膨らませていこう!
    可能性を広げてくれる、自信を与えてくれる、愛とパッションに溢れた本。
    感情移入して思わず涙、なんて場面も多々あり。
    この本に出会えてよかったです。

全14件中 1 - 10件を表示

本間勇輝の作品

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。を本棚に登録しているひと

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。を本棚に「積読」で登録しているひと

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。の作品紹介

こんなおもしろい旅があったのか!旅人が社会課題に向き合う!?まったく新しい旅のスタイルを提案するノンフィクションストーリー。

ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。はこんな本です

ツイートする