おとしものしちゃた

  • 45人登録
  • 4.08評価
    • (10)
    • (7)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 中山千夏
制作 : 長 新太 
  • 自由国民社 (2005年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784426875091

おとしものしちゃたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんでもぱっぱとかたづけるサッサさん。なんでもかんでもかたづけるうちに、大変、小さい「っ」をおとしものしちゃた!さてさて、どうなてしまうことやら。(はま)

  • 『つ』なしで読むのが難しかった。。。

  • 自分にとって大事なもの、周りの人にとって大事なもの、どんな生き方をしたい?

  • ★2013/6/3 2年生に読み聞かせ

    ちいさい「つ」がないまま「こまたなあ、こまたなあ」と読んでいると、みんな困った顔になってしまった。

    低学年向き
    所要時間6分

  • 小さい「つ」をなくしてしまいます。
    (言葉遊び)

  • シャキットまちのサッサさん。なんでもぱっぱと片付ける。なんたって散らかってるのが大嫌い。でも、せっせと町中、片付けているうちに、落とし物に気がついた。ちいさい「つ」が無くなった!
    楽しい言葉遊び絵本。
    読み聞かせには小1、1学期末くらいかな?

  • 絵;長新太

    しゃきっとまちのサッサさんはとてもきれいずき。ちらかっているのだいきらい。だからはしってさっさとかたずける。

    文のリズムおもしろい。小さいつが抜けるとそれもまた面白い。
    りょーまも好き。
    (2010.12.31) 

  • こまたなあ。こまたなあ。ちいさい つ をおとしちゃた。こまたなぁ。 ・・・サッサさんに小さい「っ」をあげた、かたつむりの最後の言葉がとても印象的。「ちいさい つ がなくても、わたしはだいじょうぶ のんびりはなせば いいんだし」短くて楽しい絵本だけれど、感じるものがいろいろありました。

  • サッサさんのくちぐせは「ちらかってるのだいっきらい」。のはらでたんぽぽかたづけた はまべでかいがらかたづけた・・。それであちこちかたづけているうちに、ちいさな『っ』をなくしてしまいまったのです。「こまたなあこまたなあ」誰かに聞いても、どんなに探しても見つからなくて、・・サッサさん とうとう なきだした。そこに きれいな でんでんむしがゆっくりゆっくりかおだして・・じぶんのちいさな『っ』をくれたのです・・。

    自分のやり方が時に失敗を引き起こし、大切なものを無くしてしまうこともある。「こまった」気持ちがいっぱいになって、自分ではどうにも出来ない時、誰かの助けが必要だね。そして助けになってくれるのは、意外にも自分と正反対の生き方をしている人だったりするんだよね。でんでんむしのおおらかさが私の心に優しい余韻を残し、子どもたちは言葉遊びの楽しさを味わっていました。

  • おとしもの「しちゃた」なのです。リズミカルな文章にたっつぃー大笑いでした。

全13件中 1 - 10件を表示

中山千夏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
佐々木 マキ
なかがわ りえこ
ジョン・クラッセ...
長谷川 義史
パット ハッチン...
川端 誠
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印

おとしものしちゃたを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おとしものしちゃたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする