極限環境の生命―生物のすみかのひろがり

  • 15人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : D.A.ワートン
制作 : David A. Wharton  掘越 弘毅  浜本 哲郎 
  • シュプリンガーフェアラーク東京 (2004年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784431711049

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 極限環境という言葉でイメージされるのは、砂漠であったり深海であったり、またはソーダ湖や胃内部のように極端なPH値を示す場所であったりするのですが、それでは生物がどのようにしてその環境に適応しているかを解説している本です。
    たとえば極端な脱水状態での生命維持の仕組みや凍結回避の方法などが、具体的な生物種を挙げて語られます。
    あらゆる場所にニッチを求める生き物たちの生存戦略には舌を巻きました。
    まさか砂漠にカタツムリがいたとは…^^
    ただ少々専門的にすぎ、面白味に欠けるかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりを本棚に登録しているひと

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりを本棚に「積読」で登録しているひと

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりの作品紹介

なぜ、ペンギンが凍えないのか?なぜ、ラクダは砂漠でバテないのか?なぜ、カニが高圧の深海底で生きられるのか?なぜ、150℃の高温で細菌は生きられるのか?生の営みに限界はあるのか?本書は専門的な知識を持たない人たち、願わくは生物学や科学一般についての知識がほとんどない読者にも理解できるように書かれている。本文の中でも必要に応じて説明を試みたが、聞きなれない用語については巻末に索引も設けた。

極限環境の生命―生物のすみかのひろがりはこんな本です

ツイートする