悪魔なロマンチスト (リーフノベルズ)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 天花寺悠
制作 : 起家 一子 
  • リーフ出版 (2002年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434016530

悪魔なロマンチスト (リーフノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  悪魔です! 天使です!
     何でこう、ちょっと史実をかじってありそうなファンタジー設定に心ってときめくんでしょうね?

     楓は、近頃、毎晩、自分が天使になって悪魔に堕とされる夢を見るのだ。
     それを聞いた、親友の友理の様子が急におかしくなって……という話でした。

     実は楓は元々、自分が見ていた夢の中の天使で、力を回復させるために、人型をとっていて。
     友理は本当は悪魔で、元は天使である楓を見張るために、手に入れるために、傍にいた……。

     と。
     もうね! 悪魔と天使の恋! というだけで、障害ありありな感じがして、ちょっとテンション上がるんですが……。
     残念ながら、そういう周りの目が、どうのこうの、というような話では全くなく。
     何分、残念なことに、悪魔である友理がヘタレ過ぎる……。
     いや、まぁ、優しいのはとってもいいことだと思うんですけど、ここぞ! というところでちゃんと押さないと伝わる物も伝わらないんだと思うんですが……。

     なかなか、動けなくて。
     追いつめられて、焦って、自爆する……とっても、かわいそうな人の典型みたいになっています……。
     それは、ちょっと残念すぎると思うんですが……。

     それよりも、むしろ、元々が天使である楓の方が、覚醒してからは腹が据わってる……というか、なんというか……。

     嫌いじゃないけど、個人的には微妙におしかったです。
     だって、友理にヘタレ以外のいいところが見つけられないんですもの……(ヘタレって長所……?)

  • 初版・2002年5月15日
    イラスト/起家一子

全2件中 1 - 2件を表示

天花寺悠の作品

悪魔なロマンチスト (リーフノベルズ)はこんな本です

ツイートする