トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)

  • 12人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 虎井まさ衛
  • 十月舎 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (141ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434028397

トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りた本。
    著者の虎井まさ衛さんは、女性から男性への性別適合手術を受けた方で、性同一性障害についての啓発活動で有名な方だそうだ。
    この本は、著者がこれまで色々な媒体に寄せた文章をまとめたものである。が、まとめたというよりは、寄せ集めたという方が適切ではないかと思えるようなものだった。色々な媒体に対して発表したものだから、内容に重複が多々あるし、全体としてTGに詳しくない人向けの啓発的な内容が多く伺えるものの、やはり対象読者も定まっていない。何より、各文章で、時に同一文章内でもトーンの差が大きく、主張か分析か日記かわからないものになってしまっている。
    TGの医学的な知識、社会的な立場、当事者の声、そのどれとしても中途半端である。しかし、それら全体がうっすらと触れられており、なおかつwebで公開されている個人の日記のように、簡単に読めてしまうものなので、入門書としてはよいかもしれない。

  • 性同一性障害に関する書籍です。
    虎井氏はFtMTSで、日本を代表する性同一性障害者の一人です。

全2件中 1 - 2件を表示

虎井まさ衛の作品

トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)を本棚に登録しているひと

トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トランスジェンダーの時代―性同一性障害の現在(いま)の単行本

ツイートする