背徳は蜜のように (リーフノベルズ)

  • 39人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 遠野春日
制作 : 門地 かおり 
  • リーフ出版 (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434029851

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実の兄弟でもないのに・・・
    お前らちょっと大袈裟じゃないか。といいたくなる作品だった。
    BLだし、実の兄貴でもないし何をもやもやおろおろしてんだ。

  • あらすじ:背徳の罠に搦め捕られて──
    謙司は美しい義兄・一雪への想いに気づいてから15年、その恋情にがんじ搦めに捕われ、苦しんでいた。
    ──あんたが悪いんだ。あんたが俺の兄だから。それなのにこんなに人を虜にして。 彼に罪はない、兄だとわかっていて懸想した自分にこそ罪はあると承知していながらも、謙司はもう自分の想いを抑えることができなかった。どうせ手に入らないのなら、清廉潔白な一雪を乱れさせて堕としたい。
    そこで謙司は以前から一雪にひとかたならぬ興味を抱く楯岡に、ある計画を持ちかけるが……。

  • えろえろな話でした。

    リーマンもので義兄弟、と先輩(もちろん男)の年下攻めでとにかく怒涛の勢いでえろえろえろでした。
    でもただそれだけって感じかな…。受くんがなんで攻くん好きになったかよくわからないし…。知らん間に好きになってた感。あんなことされたのにね…。

    えろい気分のときに読んでみてはいかがでしょうか。

全3件中 1 - 3件を表示

遠野春日の作品

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)を本棚に登録しているひと

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)はこんな本です

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)の文庫

背徳は蜜のように (リーフノベルズ)のKindle版

ツイートする