インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

  • 275人登録
  • 3.63評価
    • (33)
    • (35)
    • (60)
    • (9)
    • (2)
  • 64レビュー
著者 : さくら剛
  • アルファポリス (2006年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434081392

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これ読むとインド絶対行きたくないけど、なんだかちょっと行きたくなる不思議。すごく面白かった。言葉選びにセンスを感じます!

  • 「アフリカなんて…」が面白かったので、著者の最初のインド旅行が語れている、この本を読みました。
    野良犬ならぬ、野良牛が当たり前なインドに驚きました。旅行者から少しでもお金を巻き上げようとする、現地の人たちのパワーも凄まじいですね。(^^;
    でも読み終えた後は、インドの貧困と現在の自分の生活がいかに恵まれたものか考えさせられました。

  • 好き嫌いは分かれそうだけどネタ満載のおもしろ旅行記。
    ネットのネタ文に慣れてる人なら好きそう。
    インドってものすごいなー。
    タージマハルは見たいけどインド人と渡り合う自信はない(涙)

  • 随所にちりばめられたギャグはもはやすでに時代遅れの感が強いが、これからインドへ旅立つことを考えている人にとっては体験談として役立つであろう本。

  • なんて面白いんだ!!!!!!
    今まで読んだ本の中で、一番笑った!!
    この人の文章の書き方、絶妙だなぁ!

    想像すると思わず噴き出してしまう自虐ネタが
    たまらなくおもしろいし、
    インド人に騙されて憎む文章にも愛情がにじみ
    出ているから、ぜんぜん不快にならない。
    自称サイババの一番弟子・ライババも、
    何度言っても土産物屋に連れて行くのをやめない
    リクシャのおじさんも、
    50センチの距離で著者を凝視するインド人たちも、
    荷台の上で著者の手をそっとにぎるおじさんも、
    なぜかとってもキュートにかんじてしまうのだ!

    1つだけ残念だと思ったのは、文章のところどころが大文字・太字になっていること。ウケ狙いをしっかり伝えるためだろうけど、逆効果じゃないかなぁ。あれがなければもっともっと良かったと思う!!

  • インドに行った時に、一緒に持っていくベキだった。
    帰国して二年後に読んだけど、面白かった!
    また、インド行きたいなぁ!!o(^▽^)o

  • 2011/11/25.

    またインドに行きたくなる本。

  • 読んだ後、「インド行って帰ってきたぞ!!」って気持ちになった(笑)

  • この人いくつなんだ?と思わせる古ネタ(例:ラ・ムーの菊池桃子)満載の旅行記。ネット本だけに横書きです。ウケを狙いすぎているきらいはありますが、素直に面白かったです。

  • 日本一旅行に行きたくなくなる旅行記

全64件中 1 - 10件を表示

さくら剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
村上 春樹
デール カーネギ...
高橋 歩
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもに関連する談話室の質問

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもを本棚に登録しているひと

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもを本棚に「積読」で登録しているひと

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもの作品紹介

お笑い芸人の夢破れ、ニートに転職した作者。最愛の彼女にも去られ…orz…“インドにでも行くか!”。しかしそこは日本の常識が全く通じない驚天動地、摩訶不思議の世界だった!ひたすら詐欺師のようなインド人と闘う過酷な日々!“こんな最低な国、二度と来るかボケぇぇ!!”…でも実は、また行っちゃったりして——抱腹絶倒の爆笑旅行記。

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもはこんな本です

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかもの文庫

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかものコミック

ツイートする