ワンダフル・ワールド―かけがえなき愚行

  • 26人登録
  • 4.31評価
    • (10)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 山口小夜
  • アルファポリス (2006年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434082191

ワンダフル・ワールド―かけがえなき愚行の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかったですが、卒業後の話も読みたかったです。
    楓が亡くなってしまうのはわかったのですが、それまでの話とか知りたかったです。

  • 様々な家族の事情や身体の問題を抱えた子どもたちが通う塾での話。

    彼らの愚行(=いたずら)に懐かしさやうらやましさを感じる。
    登場人物達が家族や学校の友達以上に深い絆で結ばれていて、友情や人生、生命についても考えさせられた。
    真っ直ぐに入ってくる文章で、面白いし、切ないし、涙が出た。

  • あのころの、かけがえなき行動、時間、友情、環境で、
    うらやましいとおもわせるこの本は、だからこそ良作。
    すがすがしく、読み終えられるね。

  • 最終的にはボロ泣き。「ボロ」がたくさん並ぶほど泣いた。
    「姉貴」が凄いと思った。自分のことや周りにいるみんなのことをそのまま書いてる。
    私も混じっていろいろやらかしたくなる。
    「ハニィ」の話しとか「ヒロ」の話し、不良との闘い。
    「ヒカリ」のキャラはもの凄いと思うし、「楓」だって負けてない。

    あったことをそのまま記してるし、
    あとあと出てくる近状報告(?)もまたなんだか親近感が湧いたり。

    山口小夜さんにちょっと会ってみたい。

  • 本気で大好きです。
    心が温かい気持ちになります。

  • 面白いんだけれどどこかでリアルが邪魔する本。

  • この本を読んでいると、
    自分も一緒になって『青木学院』にいるような気分になれた。<BR>
    この本の登場人物達は、“感情の共有”をしていると私は思う。<BR>
    それだけでも、すごい事なのに、読んでいる私にまで“感情の共有”をさせてしまうのが、さらにすごい!!<BR>
    私はこの本を、真夏の8月2日に読んだのですが、夏の暑さが物足りなくなるほど、全身が熱くなった。<BR>
    そして、セリフがおもしろい!<BR>
    ギャグか?!って思えるほど面白い。<BR>
    ぜひ、映画化してほしいな。<BR><br>

    この本は、実話の物語だ。<BR>
    現代では絶対あり得ない!と思っていたが、読み返したりするうちに、あり得る、と思うようになった。<BR>
    確かに、こんな奇想天外な塾で、こんなに素晴らしい仲間に出会える事は、なかなかある事じゃないと思うけれど、人は人それぞれの『ワンダフル・ワールド』に出会えるのだと思う。<BR>
    少しつまらなく感じていた生活に、「私も『ワンダフル・ワールド』を見つけなければ!」という気持ちを目覚めさせてくれた、大切な本。<BR>

全8件中 1 - 8件を表示

山口小夜の作品

ワンダフル・ワールド―かけがえなき愚行に関連する談話室の質問

ワンダフル・ワールド―かけがえなき愚行の作品紹介

1982年、まだ美しかった横浜——。風変わりなおんぼろ塾で、あたしたちは出会った。ロケット花火で不良どもに戦いを挑み、路地裏を全力疾走で駆け抜ける! それぞれが悩みや秘密を抱えながらも、あの頃、世界は輝いていた。——作者が実際に体験した“かけがえなき愚行の日々”をもとに綴った、懐かしくも切ない物語。

ワンダフル・ワールド―かけがえなき愚行はこんな本です

ツイートする