でも、これがアートなの?―芸術理論入門

  • 29人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Cynthia Freeland  藤原 えりみ 
  • ブリュッケ (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434107818

でも、これがアートなの?―芸術理論入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そもそもは授業の教科書として使用するそうなので読み始めました。
    しかし、芸術理論のきちんとした本は初めてだったので参考になりました。


    内容としては
    アートと生死・性
    地域性とアート
    いわゆる美学
    アートマーケット
    テクノロジーとのかかわり
    などあらゆるアートに関わる問題についてひと通り触れていました。

    中でも興味深かったのが「認識、創造、理解」と称された第6章。
    アートに対する批評を表出論と認識論の2つに分けており、その点が今までごっちゃになっていたので参考になりました。
    私の場合、プラグマティズムとはちょっと違うけれど、どちらかというと後者の認識論的立場に立っているような気がします。
    有機体としてのアートという視点、認知科学的な解釈に興味があります。

    とは言っても歴史的文脈や作家の生涯の文脈からの考察もやはり面白いです。


    この章以外にも、マーケットの裏側の話などはもっと掘ってみたいところです。


    授業が始まる前にまた読むことと思うので、その時にはまた新しい発見があるだろうなぁと思っています。

  • 読み切らず 08.4

全2件中 1 - 2件を表示

シンシア・フリーランドの作品

でも、これがアートなの?―芸術理論入門はこんな本です

でも、これがアートなの?―芸術理論入門の単行本

ツイートする