リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)

  • 35人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : かつまれい  中条 花月  Pikazo  ねことうふ  VisualArt's/Key 
  • ハーヴェスト出版 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434127908

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784434127908 249p 2009・3・1 初版

全1件中 1 - 1件を表示

歌鳥の作品

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)を本棚に登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)の作品紹介

『乙女ベースボール』-街の地域振興として企画された女性だけの野球大会。その存在を知り、リトルバスターズの女性メンバーに参加を強制(?)する恭介。不審に思いながらも承諾するメンバーたちを待ち受けていたものは、やっぱりただの女性限定野球大会ではなく…。『あそびのじかん』-どうも最近の恭介は元気が無い。理樹たちはその原因を探ることにした。何か厄介ごとを抱え込んでいるのでは…それとも悩みが?様々な憶測や怪情報が飛び交う中、恭介の口から理樹へ告げられた言葉は-。『お昼の小毬名作劇場』-雨の降る昼休み。来ヶ谷に連れられ、放送室で暖と昼食をとることにした小毬たち。食べ終えたところで小毬が新しい童話創作ノートを持っていることに気づいた来ヶ谷は、「少し遊んでみよう」とマイクを取り出す。

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.3 (なごみ文庫)はこんな本です

ツイートする