リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 河井まりあ  itotin  難波久美  ねことうふ  VisualArt's / Key 
  • ハーヴェスト出版 (2010年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434143656

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784434143656  243p 2010・5・1 初版

全1件中 1 - 1件を表示

歌鳥の作品

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)を本棚に登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)の作品紹介

『ラストストーンはわたしに』-「やはり、わたしに運動は向いていないようです」バッティング練習に参加した美魚だったが、上手くいかず落ち込んでしまう。そんな彼女に、野球がだめなら他のスポーツを試してみればいい、と言う恭介。それならと美魚が選んだ競技は…。『宇宙犬は国境を越えて』-クドは近く、学校が企画した国際交流活動として、民間親善大使という名目でテヴアに里帰りすることになっていた。学校としては彼女に日本の文化を紹介する役目を担ってほしいという考えなのだが、クド自身は-。『伝えたい思い』-「謙吾は真人のこと好きなんでしょ!?」と謙吾に詰め寄る理樹。謙吾は「やめてくれ理樹!あらぬ噂がたってしまう」と否定するが、追求をやめない理樹に根負けして答えてしまう。「そりゃ好きだけど」。

リトルバスターズ!エクスタシーSSS Vol.8 (なごみ文庫)はこんな本です

ツイートする