レイン〈8〉孤高の戦士

  • 202人登録
  • 4.08評価
    • (27)
    • (20)
    • (17)
    • (1)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 吉野匠
制作 : MID 
  • アルファポリス (2010年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434145766

レイン〈8〉孤高の戦士の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【図書館本】前半はもうウンザリしてしまった。最強すぎるのが延々続くのもちょっと考え物……。そして毎回書いてるけど、固有名詞が把握し切れてないので何が何やらw そろそろ潮時かなぁと思いつつ、惰性で読むんだろうなぁ。
    姫王は相変わらずウザ……鬱陶しい。セルフィーちゃん頑張れ。そしてギュンターさんの株が(元々高かったけど)急上昇したwww

  • 2014/4/13

  • レインは自分が大嫌いなんだねえ
    人の愛情をどうしても信じることができないまま。
    だから間違えるのよ。
    しかしレイグルは強くて侵略者だけどどうするつもりなんだろう。反抗したって事実が大事ってことかしら。
    しかし盲目のクレアといい、シェルファの中のシエルといい、謎キャラが多すぎですよー
    レイグルについたクラレンスとの戦いはどうするんでしょうか、てか戦う意味はあるのでしょうか…

  • なんだか最強伝説を持つレインに無理矢理死亡フラグを立ててみよう感がすごく伝わってきた。

    でも相変わらず読みやすいからすいすい読んでしまう。

    シェルファの内なる力が段々と出てきたけど、
    正直シェルファなんかよりかなり個人的にはセルフィー押しだから頑張ってほしい。

  • レインをめぐるセルフィーとシェルファに微笑ましさを感じる。
    そしてギュンターもレインについては譲れない、
    とにかく、
    周囲がレインを愛しすぎているのが微笑ましい。

    シェルファが下した決断を受け止めたレインの姿は、
    人間臭さが滲み出ていたようにも思える。

    セルフィーの可愛いさを改めて感じた。
    シェルファに対する対応も微笑ましいけれど、
    ギュンターに相談もちかけたり、レインに反抗してみたりととにかく可愛い。

  • 1作目からすっかりはまってしまって読んでいるのですが、今回もやっぱり面白かったです!
    それにしても、クレア強い!
    次の巻、早く出て欲しいですね~。

  • 初めてファンタジー小説を読んだのですが、
    本当に面白かった。
    レインのキャラクターって最高ですね。
    ストーリーが若干単純すぎるように思えますが
    最後まで飽きなかった。
    早く続きを読もうと思います。

  • どこかで見受けられる類型的な登場人物ばかりで、なおかつ多すぎて分かりづらいのがエスカレートしてきた。キャラに頼りすぎ。

  • 個人的には今回かなりシェルファが変貌して面白かったです。
    セルフィーは災難だったけどね・・・。
    そしてレインが死ぬ夢を見たシェルファは自ら彼の手を離すことを決意して・・・。
    レイグル自らガルフォートにやってきたりも!!
    面白いんだけど、出るたびに読んでたら、今までがどんな話だったか忘れてしまうのよね~。

  • 毎回面白いんだけど、登場人物多すぎ。新キャラに頼らなくても充分いけるのに。。。名前も似てるんだよね。

全14件中 1 - 10件を表示

吉野匠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

レイン〈8〉孤高の戦士を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レイン〈8〉孤高の戦士を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レイン〈8〉孤高の戦士の作品紹介

異世界に存在する大陸、ミュールゲニア。レインが傭兵ロイと戦っている隙をつき、謎の組織の宗主クレアがシェルファに襲いかかる。クレアの圧倒的な力の前に、絶体絶命のシェルファ。果たしてレインは間に合うのか!——シリーズ80万部突破!剣と魔法の最強戦士ファンタジー「レイン」本編第8巻。

レイン〈8〉孤高の戦士の文庫

レイン〈8〉孤高の戦士のKindle版

ツイートする