ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 御門智
制作 : こもわた遥華  高野うい  かたのん  輝月ともる  竜騎士07/07th Expansion 
  • ハーヴェスト出版 (2011年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434151958

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017/03/11購入・08/11読了。

    ルールwに引っ張られているみんなが可哀想でしたが、ハチャメチャで面白かったです。

全1件中 1 - 1件を表示

御門智の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)を本棚に登録しているひと

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)の作品紹介

かつて経験してきたカケラの世界とは違う世界を巡ってきた圭一たち。彼らは、変わってしまった世界に何者かが、別のルールWを適用させていたことを知る。なぜ、ルールWをつかって変更させたのか、その行動の理由は?圭一たちの惨劇を救う旅の前に現れたものは?PCゲーム『ひぐらしのなく頃に』『ひぐらしのなく頃に解』をベースにした『ひぐらしのなく頃に〜ほのぼの罪滅し編〜』(ハーヴェスト出版刊)から、さらに派生した『ひぐらしのなく頃に』の御門智オリジナル物語、下巻。

ひぐらしのなく頃に とどろき祭囃し編 (なごみ文庫)はこんな本です

ツイートする