水曜日の恋人 (エタニティブックス・ロゼ)

  • 23人登録
  • 4.33評価
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 龍田よしの
制作 : アズ 
  • アルファポリス (2011年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434153648

水曜日の恋人 (エタニティブックス・ロゼ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 成り上がりの、欲得と罠の渦巻く嘘の世界で、純粋で天然な彼女が、たくましく凛とした女に育って行く過程と、彼女の内面に心を許していく彼が楽しかった。
    ホスト初心者の彼女のように、一から彼らの世界を知って行く面白さもありでス。

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-1465.html

  • 表示のイラストに魅かれて、読んでみました。
    どっちが先に惚れるかをホストとゲームするって話。
    なぜか読みにくい。なんでだろう?
    それなりに面白かったです。
    続編があるらしいから、読んでみようと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

龍田よしのの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水曜日の恋人 (エタニティブックス・ロゼ)の作品紹介

4年間つきあってきた彼氏にあっさりふられてしまった彩芽。どん底気分の彩芽を励まそうとした先輩に連れて行かれたのはなんとホストクラブ! 魅力的なホスト達にもてなされる中、店のナンバー2、右生(ルビ:ユウ)が挑発するようにゲームに誘う。「3ヶ月の間にそっちが俺に惚れれば俺の勝ち。惚れなければ君の勝ち。」それがこのゲーム、「ウェンズデーラバー」のはじまりだった——

水曜日の恋人 (エタニティブックス・ロゼ)はこんな本です

水曜日の恋人 (エタニティブックス・ロゼ)の文庫

ツイートする