蔦王〈2〉 (レジーナブックス)

  • 58人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (4)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : くるひなた
制作 : 仁藤 あかね 
  • アルファポリス (2011年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434160950

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何かあんまりにもチヤホヤされ過ぎてしんどくなってきた

  • 私の勘違いかもしれないが。
    作者の「このキャラは、手荒に扱った方が笑いがとれそうだな」という感じがうっすら透けて見えた気がして、それがやや不快に感じた。
    いくら賓客いえども、他国の人間が、王族を蹴ったり殴ったり(実際はしてないだろうけど)ぞんざいに扱っていいものなのか。

  • 図書館で二冊同時に借りていたので読みました。



    全く内容はないに等しいかと。
    だらだら時間潰すにはいいかな。

    主人公が誰にでも愛されるって割には
    私は全く可愛いともなんとも思わず終了。
    もう手に取る事はないでしょう。

  • ますます菫がチートに思えてくる第二巻だった。
    お隣の国の人達もおかしすぎ。

  • 異世界への帰還方法を求めて隣国のコンラート王国へ向かう野崎菫と、元・皇帝のヴィオラント。帰還方法には多少の進展がみられるが、コンラートの王子たちにも可愛がられる菫の話。天然?腹黒?キャラの菫に違和感ない人なら楽しめる。楽しかった。

  • 内容が薄い。あいかわらず主人公の性格の設定が不安定。私はあまり感情移入できませんでした。

    今回は結婚が題材で話が進んでいくのですが、起承転結の「転」が一切ない。なんだかふわっと終わった感じでした。読みごたえがない。

    イチャイチャしている部分はとてもよかったのでその分★2つ。

全6件中 1 - 6件を表示

くるひなたの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)の作品紹介

火事の爆発が原因で、異世界トリップしてしまった現代女子高生・菫。美貌の元・皇帝陛下、ヴィオラントに拾われて婚約までしたけれど、元の世界の家族に会いたくて——何とか行き来する方法を探すべく、隣国までやってきた二人。だけどそこで迎えてくれた王族の皆さんは何ともおかしな人ぞろい!おまけに彼らは色んな意味で菫を気に入ってしまい、ヴィオラントは気が気じゃない!?大人気の溺愛ラブストーリー、第2巻!

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)はこんな本です

蔦王〈2〉 (レジーナブックス)の文庫

ツイートする