氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神

  • 76人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 柳内たくみ
制作 : 有坂 あこ 
  • アルファポリス (2012年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434167317

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 凄腕狙撃兵の話。ライトノベルっぽいけど、実際の戦争をモチーフにしているので、完全なフィクションとも感じられず、多少重さが残った。

  • なかなか。なかなかだけどどーにもラノベ臭がぬぐえない。同時期?に出版された本当の伝記のような期待はせず面白そうだから買ったので楽しく読めたから良し。
    ただ、割と半分かそこらでナタリアの云々って早くね?それだったらクルックとの絡みがもっとあってもいいと思うのだ。
    ヘイヘもなかなか出てこないし。そういう意味では中途半端であった。

  • これはいまいち。元自衛隊で恐らく狙撃主であったであろう作者の話としてはもの足らない。戦争物としても淡白でゲームの様で登場人物もオタク向きではあるが、魅力に乏しい、

全3件中 1 - 3件を表示

柳内たくみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神の作品紹介

シリーズ21万部突破「ゲート」柳内たくみ待望の最新作!フィンランドの天才狙撃手シモ・ヘイヘの超人的伝説がライトノベルでよみがえる!憎きヴェナヤ軍打倒を誓い、男性としてスオミ軍に入隊した17歳の少女クルッカは、そこで「白い死神」の異名を持つ狙撃手シモ・ヘイヘと出会う。「雪の妖精」と「白い死神」、二人の天才狙撃手が巨万の侵略軍を撃って撃って撃ちまくる!歴史的侵略戦争<冬戦争>を舞台にした、超ド迫力天才美少女スナイパー小説、誕生!

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神はこんな本です

氷風のクルッカ―雪の妖精と白い死神の文庫

ツイートする