反逆の勇者と道具袋

  • 43人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (6)
    • (4)
    • (2)
    • (2)
  • 3レビュー
著者 : 大沢雅紀
制作 : MID 
  • アルファポリス (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434171338

反逆の勇者と道具袋の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっといろいろお約束破りがあって楽しい。
    ネットで続きを読んでみたら予想のナナメウエの展開で
    これはこれでよいのでは?
    作者は読者の感想をかなり気にしているようだが
    好きに妄想(いいいみで)を炸裂させていいと思うんだけど。
    別に文学作品を書いてるわけじゃなしw

  • 剣も魔法も使えない最弱勇者唯一の武器は
    全てを吸い込む最強の道具袋.

    というわけで,こちらの世界の高校生が勇者として召喚されて
    騙されて魔王への生贄にされそうになる.

    勇者しか扱えないという道具袋.
    それを使い魔王を殺し,
    この世界への,社会への反逆をしようと立ち上がった?

    魔王を倒した方法が酷すぎるわwww
    魔王もまさかあんな方法で殺されるとは思ってないだろうな.
    躊躇なく実行しちゃう彼もまた鬼だわ.
    魔族よりもよっぽど悪魔らしい.

    今回は面白かったけど
    ラストに貴族サマが悪巧みしてるみたいなんで
    続きが面倒くさい展開になりそうなんだよな….

    さて,それはそれとして「ネットで人気爆発!」とか帯に書くの止めね?

  • いじめられっ子の菅井真一17才。いきなり勇者召喚されるが何の力も無く捨て駒とされる。王族も魔族も自己中で真一を犠牲にする展開。ヒロインらしき第4王女も自己中心的。シンイチが歴史好きだからだけでだけでかろうじて上向きになるストーリー、つまらない。虐げられた魔王も復習に走ったにしても救いのない死に方をするし好感を持てる登場人物がいないと楽しくない。文体自体は読みやすいのだが今後面白くなるにしても1巻はつまらない。

全3件中 1 - 3件を表示

大沢雅紀の作品

反逆の勇者と道具袋を本棚に「読みたい」で登録しているひと

反逆の勇者と道具袋を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

反逆の勇者と道具袋を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

反逆の勇者と道具袋の作品紹介

ネットで大人気の異世界リベンジファンタジー、待望の書籍化!高校生シンイチはある日突然、人間と魔族が争う異世界に召喚されてしまう。「勇者」と持て囃されるシンイチだったが、その能力は、なんでも出し入れできる「道具袋」を操れることだけだった。剣や魔法の才能がなく魔物と戦うなど不可能——のはずが、なぜかいきなり“魔王討伐”に送り出されることに。その裏では、勇者を魔王の生贄にする密約が交わされていた……。果たして「最弱勇者」は不思議な道具袋だけで、絶体絶命の危機を乗り越えられるのか!?

反逆の勇者と道具袋はこんな本です

反逆の勇者と道具袋のKindle版

ツイートする