誘惑されたアイスドール (エタニティブックスRouge)

  • 19人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 水島忍
制作 : キリシマソウ 
  • アルファポリス (2012年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434174988

誘惑されたアイスドール (エタニティブックスRouge)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さらっと読むには読みやすくてよかったけど、時々高遠の心情が理解出来ない時があって、あんまり共感は出来なかった。
    まあ人間不信だったんだねと最後の方で納得したような気分にはなれたけど、物語中の仕打ちは結構酷かったから、やっぱり好きにはなれない。
    ただ、表紙のイラストはすごく好きだった。表紙の彼は素直に格好良い。優希も美人さん。

  • 父親の死より裕福な生活から、わがままな母親を養いながら事務員と、コンパニオンの副業で働く森谷優希22歳と、会社経営者の高遠慎也34歳。素直なシンデレラストーリーに、人間不振な二人の誤解と、スレ違い、読みやすく楽しめる。

全2件中 1 - 2件を表示

水島忍の作品

誘惑されたアイスドール (エタニティブックスRouge)の作品紹介

森谷優希は家計を支えるため、昼間は地味な事務員の仕事をしながら、夜はパーティーコンパニオンの副業をしている。スタイルがよい彼女だが、感情を表わさないので、仕事仲間からは「アイスドール」と呼ばれ、これまで一度も男性と付き合ったことはなかった。あるとき彼女はパーティーで、魅力的な男性と出会う。ところが、彼は優希が金目当てで近づいてきたと思い込み、彼女を侮辱するようなことを言ってきた。思わず彼の頬を叩いてしまう優希。すると彼は、驚くことに優希の唇を奪い……。抗いようもなく惹かれあう二人の愛の行方は——愛と裏切りの衝撃的ラブストーリー。

誘惑されたアイスドール (エタニティブックスRouge)はこんな本です

誘惑されたアイスドール (エタニティブックスRouge)の文庫

ツイートする