囚われのエンゲージ (エタニティ文庫)

  • 17人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 水島忍
制作 : 香坂 あきほ 
  • アルファポリス (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434176425

囚われのエンゲージ (エタニティ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だから、話を聞こうぜ。
    会話が成り立ってないからそういうことになるんだ。お互い話を聞こうよ君たち! と、思った。

  • ハーレイクインもの。
    まさにそんな感じ。楽しめました。

全3件中 1 - 3件を表示

水島忍の作品

囚われのエンゲージ (エタニティ文庫)の作品紹介

母を亡くし、異母妹と2人でつつましく暮らしている沙耶。妹を守るため、いざというときに頼りになる人が必要だと思い、会ったこともなかった祖父の家を訪ねた。するとそこに現れたのは、祖父ではなく美しい男。自分は祖父の養子だ、祖父はすでに亡くなった、とその男は言う。そのうえ男は、沙耶を遺産目当てにやってきた金の亡者だと罵った。祖父が遺した遺言は、沙耶と男が結婚すれば2人が屋敷と土地を相続できるというもの。屋敷を手に入れたい男は「私は君と結婚しようと思う」と、沙耶に言うのだが……。プライドの高い男と芯の強い女の契約結婚。ぶつかり合う愛の行方は——?

囚われのエンゲージ (エタニティ文庫)はこんな本です

囚われのエンゲージ (エタニティ文庫)の単行本

ツイートする