強くてニューサーガ

  • 28人登録
  • 3.64評価
    • (1)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 阿部正行
制作 : 布施 龍太 
  • アルファポリス (2013年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434177941

強くてニューサーガの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋さんのお薦めになっていたため購入。多大な犠牲を払いながら人類は魔王を倒したが、直接対決した勇者がタイムスリップし4年前からやり直す話。

    戦いの中で失われた多くのもの、得た力と経験、それらと平和な世界が重なって良い効果を出している。単なるチートではなく、知識は持ちながらもそれ以上に大きな犠牲を出さないとする主人公の重い決意がよい。早くも史実と異なる道行きを見せ、今後どうなるか先が読めない。幼なじみの格闘家に生死を共にしたエルフ、強か美人なお姫様とハーレムになりそうな要素はあるが、主人公の経験の重さが軽く感じさせない。よい作品です。

    へたれに見せ掛けて実は強い、という幼なじみその2もキャラクターとしてかっこいい。力があるのにそれを隠しているキャラって嫌いなんだけど、「その方が効率的だから」「半分以上素」という説明に納得いったし、何より影で努力しているところが好印象。
    4年分ヒロインズに精神的にリードしている、主人公の大人の余裕も良い。さらっとキスしたりして、なにこいつ惚れちまうだろ!決して馴れ馴れしいとか押し付けがましいとかではなく、失った大切なものをいとおしむ感情に溢れててよし。うまくいけば二度と失わくてすむわけだからね。

    テーマは喪失と再歩、ってところかしら。一度失ったものへの愛情が全般にわたって滲んでいるのがよいです。

    これが舞台を現代にしたものだったら、すごい複雑になってそう。宇宙から攻めてきた宇宙人を倒す?世界最強、というか世界に影響を及ぼすのは国連総長?まさかね。高校生が国のトップと人脈を築くなんてどうやるのだろう。

    欠点は値段。一段組みでこのページ数文字数に1200円は高い。

  • ちょうどいいぐあいのチート加減。

  • 魔王を相討ちで倒したカイルは光る宝石を偶然にぎり4年前に戻ってしまう。
    魔族侵攻初期に死んだはずのリーザや、同じく幼馴染の剣士セラン、最後の戦闘で死んだエルフのウルザを含めて旅立つ。今後の魔族侵攻から世界を救う為、英雄となろうとする。
    ちゃらそうに見えて剣の天才セランや、影の薄いカイルの父、キャラクターに小技が聞いててストーリーもワクワク楽しい。イラストがネットで想像してたのと違い違和感ある。プロローグで悲惨な全滅のイメージからもっと大人で影のあるキャラクターを考えてたが、慣れていきましょう。

全3件中 1 - 3件を表示

阿部正行の作品

強くてニューサーガの作品紹介

インターネット上で話題沸騰の“強くてニューゲーム”ファンタジー、待望の書籍化!激戦の末、魔法剣士カイルはついに魔王討伐を果たした…と思いきや、目覚めたところはなんと4年前に滅んだはずの故郷。そこでカイルは、永遠に失ったはずの家族、友人、そして愛する人達と再会する——人類滅亡の悲劇を繰り返さないために、前世の記憶、実力を備えたカイルが、仲間達と共に世界を救う2周目の冒険を始める!

強くてニューサーガはこんな本です

強くてニューサーガのKindle版

ツイートする