にゃんこシッター (エタニティブックスBlanc)

  • 13人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 :
制作 : ひし 
  • アルファポリス (2013年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434183515

にゃんこシッター (エタニティブックスBlanc)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ある日、追われる男に押し倒されて、何故だか猫のシッターを住み込みですることになった真優。彼は、真優の好きなゲームを作っており、彼女の会社と密接なつながりがあるらしい。
    しかし、真優の周りに集まる彼の友人達は、かつて彼女がコスプレ喫茶でバイトをしていた時代とつながっていて…

    オタ度は高いですが、恋愛初心者な二人のモヤモヤした雰囲気が素敵に痒くて転がった。
    動機など、突っ込みどころは多いが、嫉妬でみっともない慎也に笑って転がった。

    ほんのり頬を染めるイケメンの彼の表紙の絵がなかったら、見事なオタクっぷりの鱗片を見せる男にどん引きする所だったナ。
    慎也くん、勝手に自己完結しないでください。可愛すぎます。
    読み切り感が強いが、続刊あったら、それはそれで楽しいかモ。

全1件中 1 - 1件を表示

風の作品

にゃんこシッター (エタニティブックスBlanc)の作品紹介

謎のイケメンに頼み込まれ、住み込みで猫のお世話係をすることになった真優(まひろ)。彼の家に行ってみると、そこは自宅兼仕事場で、なんと彼は真優が好きなゲームの制作者だった!出会った時から、密かにトキメキを感じていた真優はこの事実を知り、ますます彼に惹かれていく。けれど彼は、真優によく似た人物に片想いしていて……。おまけに猫はなかなか懐いてくれず、真優の恋も生活も前途多難!? 二人と一匹の奇妙な共同生活の行方は?

にゃんこシッター (エタニティブックスBlanc)はこんな本です

にゃんこシッター (エタニティブックスBlanc)の文庫

ツイートする