これは余が余の為に頑張る物語である (レジーナブックス)

  • 31人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 文月ゆうり
制作 : Shabon 
  • アルファポリス (2013年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434185083

これは余が余の為に頑張る物語である (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前世を覚えている赤ちゃんリリアンナ・ユミリ・シュトワールが自分を”余”という一人称の話。
    ”余”と題名にするぐらいだから前世は天皇?とか考えたが、意味は無いそうで普通の中学生で、肩すかし。
    かわいらしく読みやすい話ではある。

  • 赤ちゃんが前世の記憶があって内心いろいろしゃべってるような話で、設定に無理がある感じが否めない。
    結局なんだったんだろう?という感じでした。

全2件中 1 - 2件を表示

文月ゆうりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋川 滝美
霧島 まるは
田中 二十三
有効な右矢印 無効な右矢印

これは余が余の為に頑張る物語である (レジーナブックス)の作品紹介

気付いたら異世界にいた、“余”ことリリアンナ。騎士団長のパパ、若くて可愛いママ、モテモテの兄ちゃんのいる名家に転生したらしい。日本人だった前世の記憶はあるにはあるが、赤子の身ではしゃべることも動くこともままならない。できることといえば、「かまって〜! あそんで〜! ほにゃにゃにゃにゃぁ〜!!」と手足ぱたぱた騒ぐくらい。それでもなんとか、かわいい精霊たちとお友達になり日々楽しく遊んでいたのだけれど……。可憐で無垢なる(!?)赤子サマの、キュートな成長ファンタジー!

これは余が余の為に頑張る物語である (レジーナブックス)はこんな本です

これは余が余の為に頑張る物語である (レジーナブックス)のKindle版

ツイートする