俺と蛙さんの異世界放浪記〈3〉

  • 26人登録
  • 3.82評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : くずもち
制作 : 笠 
  • アルファポリス (2013年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434185205

俺と蛙さんの異世界放浪記〈3〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャックと豆の木の作成、シンデレラ作成。

  • ・ジャックと豆の木
    ・大きなお姉さんは好きですか?
    ・海だ!水着だ!飛竜と海竜のバトルだ!
    ・シンデレラストーリー

    この4本でお送りしています.
    セーラー戦士とタロー氏の仲は進展しないんだろうなぁ.
    で,あの国がまた勇者を召喚しましたね.
    今度はどういう手練手管で運用するのか.

  • すっかり忘れていた巨大な木。
    己の欲望のため、次なるパソを置こうとした人間の村。
    そしてシンデレラそっくりの状態の少女。

    というのんびり3本立てなのかと思いきや
    最後に一応話が進展しそうな状態が。
    どこかに何かのフラグがあったのやもしれませんが
    どこも関係がないのかもしれません。
    前回も出た、面白鎧も出てきましたが
    またその設定も使うのでしょうか?

    本編とまったく関係なさそうな状態が続くので
    どうなるのかさっぱり、です。

  • 教養も文学性も深みも重みもへったくれもないひたすらスーパーマンな万能感を楽しむ、ぶっとばした漫画的快楽お気楽ファンタジー。…はっきり言って楽しい。

    剣と魔法、賢者にエルフ、巨人に竜。RPGファンタジーゲームの「お約束」だらけで、けれど逆に言うとすべての定型の「お約束」そのものもすべて遊んでしまう、笑いのめす超絶的軽佻浮薄に徹した素晴らしい面白さである。

    すべてを遊びにしてしまうこの軽やかさは、異界に召喚された主人公が神さま並の万能魔法力を持っていることから来る。異界側の深刻な悲劇をすべてぶっとばしてばかばかしく解決してしまう快いお気楽の勝利。

    主人公大学生魔法使いタロさんのある欲望は楽しいことを追うことだけ、可愛い女の子にはメロメロ、何しろ軽い。そしてただ素直に優しい。信じられないほどお人よし。どことなくルパンの世界を彷彿とさせる。

    徹底した快楽の追及、諧謔の追及。あらゆる深刻な欲望や汚いもの悲劇をただ圧倒的な力でヒョイヒョイ解決してしまうお気楽の勝利。

    お気楽、ということの意義すら考える。すなわち、笑い、風刺の意義だ。深刻ぶることの悲しみをぶっとばすひとつの可能性のこと。

    悲憤慷慨よりも、もっと違うことを夢見ても、そんな心の隙間をもっていてもいいんじゃないかな、なんて思うのだ。

    早く四巻出ないかな。

全5件中 1 - 5件を表示

くずもちの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中 二十三
田中 二十三
泣き虫 黒鬼
田中 二十三
有効な右矢印 無効な右矢印

俺と蛙さんの異世界放浪記〈3〉の作品紹介

累計6万部突破!大人気の異世界ぶらり脱力系ファンタジー、第3巻!異世界へ召喚され、チート級の魔力を手に入れたタローは、蛙姿(元人間)の魔法使いカワズさんと共に、自身のうっかりミスによって誕生させた巨大な木を訪れた。観光地として賑わう光景を目の当たりにし、生みの親としてこの木にサプライズを仕掛けようと奮闘するタロー。ところが、気付けばなぜか超美人の女巨人と共に伝説の斧を探す事に……反則級の魔力を使ってやりたい放題!?お気楽青年の新たな旅が始まる!!

ツイートする