これがわたしの旦那さま〈1〉 (レジーナ文庫)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 市尾彩佳
制作 : YU-SA 
  • アルファポリス (2014年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434187254

これがわたしの旦那さま〈1〉 (レジーナ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シュエラとシグルド視点の話が交互してるんだけど、同じセリフ同じシーンが被りすぎて、そこまでせんとええんちゃうの?うまくまとめたらこの作品、ページ数2/3まで抑えられるんじゃね?とか思ってたんであまり入り込めなかったのね。シグルドは自分でシュエラを迎えに行ったわけでもないはずなのに、その時のことを回想してるし。あと王妃の存在がとってつけたかのようなのと、亡兄の婚約者だったってことだけでいまいちよめない人でもある。子供なのかなと思ったけどどうなんだろ?

全1件中 1 - 1件を表示

市尾彩佳の作品

これがわたしの旦那さま〈1〉 (レジーナ文庫)の作品紹介

「国王陛下には愛妾が必要です」貧乏伯爵家の娘シュエラは、若き国王シグルドの側近にそう誘われ、世継ぎを産むべく王城に上がることを決意した。だけど王としてのプレッシャーに悩むシグルドは愛妾なんか邪魔者扱い。おまけに城の者達もシュエラには冷たくて……彼女は無事「愛妾」として王城に残れるのか? ほんわか心温まる、ちょっぴり変わったシンデレラ・ストーリー!

これがわたしの旦那さま〈1〉 (レジーナ文庫)はこんな本です

ツイートする