王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 遊森謡子
制作 : (11) 
  • アルファポリス (2014年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434189432

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 異世界でのコーメ(日野小梅)の乳母生活。
    微量のラブ要素有り

  • ネット連載から書籍化されたお話の書き下ろし続編。イケメン成分増量したオージが大活躍! モザイク的な何かでぼかされたサービスシーンもあるよ!
    小梅は相変わらずモテモテでヒーロー達はそれぞれ違う魅力(多分…)を振りまいてたけど、このお話の肝は逆ハーよりも人と異形を行き来する不思議や星心印の設定にあると思うのですよ。今回のお話はその辺りの設定が生きていました。しかしうま味成分を手に入れた小梅による食文化侵略はえらいことになりそうですww

全2件中 1 - 2件を表示

遊森謡子の作品

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に登録しているひと

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)の作品紹介

年の離れた末妹を残し、異世界にトリップしてしまった日野小梅。今は素敵な「騎士」たちに守られながら小さな王子さまのお世話をする日々。そんなある時、神鳥カザプカの力によって王子がまたもや大人に変身! 文字通り『見た目は大人、中身は子供』な王子を隠すべく仲間たちとともに作戦開始したものの、今度は王子と小梅が何者かに攫われてしまい――。三人の「騎士」たちが、王子のため、そして小梅のために奔走! 癒しと和みとトキメキまじりの異世界ファンタジー、第2巻!

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)はこんな本です

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)のKindle版

王子さまの守り人〈2〉 (レジーナブックス)の文庫

ツイートする