ヒロインかもしれない。〈1〉 (エタニティ文庫)

  • 22人登録
  • 4.18評価
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 深月織
制作 : 兼守 美行 
  • アルファポリス (2014年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434193736

ヒロインかもしれない。〈1〉 (エタニティ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろーい!

    ドキドキキュンキュンてんこもり!


    主人公の鈴鹿ちゃんが、キュートで潔くて、ポジティブで好き!


    迫る専務との攻防もドキドキもので、
    同時掲載の専務目線のお話で、さらに
    楽しさどん!

    漫画版もよみたいなぁ

  • コミックを読んで,原作小説も読みたくなった一冊
    やっぱり史鷹視点の「手を伸ばす先に」が好き
    鈴鹿の出会いからの史鷹への想いも読んでみたい気はする
    いつか王子様が…が,やっぱりいいね!…です。
    (*^▽^*)

  • このシリーズやっぱり好きです。すずの頑張ってる感がいい。

  • たくましいヒロインでした。
    続きが楽しみ。

全4件中 1 - 4件を表示

深月織の作品

ヒロインかもしれない。〈1〉 (エタニティ文庫)の作品紹介

木内鈴鹿、二十五歳、OL。無邪気な少女だった頃は、「いつか王子様が――」なんて夢見ていたけれど、大人になったいま、そんなのはお話の中のことだけだって理解している。ほどほどの自分に合う、ほどほどの人と結婚して、ほどほどに幸せな人生を歩むと思っていたのだけれど……。誰もが憧れるイケメン上司から突然のプロポーズ! いったい何がどーしちゃったの!? しっかり者のOLとイケメン上司の、ほのぼの&まったりラブストーリー。文庫書き下ろし番外編も収録!

ヒロインかもしれない。〈1〉 (エタニティ文庫)はこんな本です

ツイートする