朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 星雲社 (2014年8月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434194450

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝鮮総督府で働いていた、西川氏による証言。
    真相は闇の中だが、こういった一次情報をもった方の証言を記録として出版されることは意義あることだと思う。
    従軍慰安婦は、慰安婦を行政機関が命令させたということは絶対ない。ないというより不可能だということ、事実があれば絶対に書類が残っていること、総督府の中枢にいたけれど、当時従軍慰安婦なる名前を誰も聞いたことがなかったということ。

  • 一番気になっていた慰安婦の所が読めてすっきりした。ないというより不可能だということ、事実があれば絶対に書類が残っていること、総督府の中枢にいたけれど、当時従軍慰安婦なる名前を誰も聞いたことがなかったということ。もしもそういうことがあれば、日本人のみならず朝鮮人も数多く働く総督府や警察(こちらも日朝混じり)、憲兵などが黙っていないと言うことを総督府の課長をされていた西川さんが仰っていたという事を知れてほっとしました。

    悪い事を認めるのは大事な事だけれど、本当にやっていない事まで謝る必要はないし、双方に曲げられた歴史が伝わっているのは不幸な事だと思う。日朝の人たちが仲が良かった様子が伝わる写真を見ていると、どうしてこうなったのかもっときちんと知りたくなってくる一冊でした。

全2件中 1 - 2件を表示

桜の花出版編集部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)を本棚に登録しているひと

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)を本棚に「積読」で登録しているひと

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)の作品紹介

江原道行政官・西川清氏へのロングインタビュー。日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!

朝鮮総督府官吏 最後の証言 (シリーズ日本人の誇り10)のKindle版

ツイートする