異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)

  • 40人登録
  • 3.54評価
    • (2)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ふじま美耶
制作 : vient 
  • アルファポリス (2014年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434199790

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リリアムと大神官とのあれこれも決着。ノーチェの愛がすごく重い… 間違ったら街ひとつなんて軽く滅ぶよ… ハティたちかわいいー!リィーンのまわりはいいひとばっかりだなぁ。

  • もう少しノーチェにかまってあげてよ、リィーン!頼むからー!もう少しイチャイチャしてあげてー(笑) 自分の半身であるリィーンに無礼を働いた国に対して一撃必殺!魔王のやることはスケールでかすぎー。でも諸悪の根源は生き残ったのよね。エミリアのステイタスが変わってないのが気になるけど気にしなくてもよろし?

全2件中 1 - 2件を表示

ふじま美耶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)の作品紹介

魔王と神との対面を終えた後、元の世界には戻らず、魔法世界で生きていくと決めたリィーン。これからのことをじっくり考えよう……と思いきや、魔王の婚約者になったり、住んでいた街を離れることになったりと、彼女の身の回りに次々と大変化が起きる。しかも引越し先の王都では、かつてリィーンを狙っていた神殿に不穏な動きが――!? 異色のエンタメファンタジー、新展開の第4巻!

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)はこんな本です

異世界で『黒の癒し手』って呼ばれています〈4〉 (レジーナブックス)のKindle版

ツイートする