異世界転生騒動記〈4〉

  • 24人登録
  • 3.86評価
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高見梁川
制作 : りりんら 
  • アルファポリス (2015年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434203404

異世界転生騒動記〈4〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バルド・コルネリアス、次のトラブルは三方を宿敵ハウレリア王国に挟まれたアントリム子爵に…。
    経済面に要塞化と自重を忘れたバルドの子爵領開発が楽しい。
    領地経営のパートナーとしてアガサ・マイルトン、メガネのドS才女が登場。

全1件中 1 - 1件を表示

高見梁川の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中 二十三
田中 二十三
有効な右矢印 無効な右矢印

異世界転生騒動記〈4〉の作品紹介

累計10万部突破!アルファポリス「第6回ファンタジー小説大賞」大賞受賞作、第4巻刊行!
守銭奴戦国武将・岡左内と、オタク高校生・岡雅晴の魂を併せ持った少年――バルド・コルネリアス。大功績を挙げて南国から帰還したバルドは、アントリム子爵に陞爵し、初の領土を与えられる。しかしアントリムは、三方を仇敵ハウレリア王国に囲まれ、戦争が始まれば真っ先に戦場と化す危険極まりない死地だった。誰もが不安に陥るなか、バルドは雅晴の現代知識を総動員。近代的要塞建築、産業革命を断行し、一大戦略拠点を築き上げる!

異世界転生騒動記〈4〉のKindle版

ツイートする