箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : くるひなた
制作 : イノオカ 
  • アルファポリス (2015年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434206573

箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エレン逃げてー(笑)一体どんな罰が与えられるのかと思いきや、ウサギ魔法。いろいろ制限あって大変だけど、自分の犯した罪を鑑みれば命があるだけでもよかったと思うべき!そしてロロンに追い掛け回されるといいよ。┌(┌ ^O^)┐ とまぁ、ヒロインヒーローより脇役のその後の展開が気にはなりますが、国王はもうエリカをロックオンだし、溺愛しそうな雰囲気だし、もういちゃいちゃしちゃいなよー(笑)オートマタの話しの作り方は上手いなって思ったわ。

全1件中 1 - 1件を表示

くるひなたの作品

箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)を本棚に登録しているひと

箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

箱入り魔女様のおかげさま (レジーナブックス)の作品紹介

偉大な魔女と同じ白い髪と琥珀色の目をもって生まれたエリカ。彼女は伝説の魔女の再来として、16年間ずっと外界とは接触せずに育ってきた。そんなある日、若き国王が魔女達の家にやって来る。なんでも、何百年も険悪なままの王家と魔女との仲を改善したいのだとか。その席で、魔女としての力を証明するため国王に魔法を披露することになったエリカ。しかし、男性に免疫がない彼女は国王に見られているだけで緊張し、ついとんでもない魔法を彼に使ってしまう。それは、夜だけウサギの姿になるという代物で――!?

ツイートする