異世界転生騒動記〈5〉

  • 20人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高見梁川
制作 : りりんら 
  • アルファポリス (2015年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434207556

異世界転生騒動記〈5〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マウリシア王国の貴族として生まれたバルドの話。
    5巻はアントリムを治める子爵となったバルドが、隣国ハウレリアと孤立無援で戦うせいか、全体に重苦しい。
    最後に明るい展開もあるが、暗さの方が目立つ読後感だった。

全1件中 1 - 1件を表示

高見梁川の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田中 二十三
田中 二十三
有効な右矢印 無効な右矢印

異世界転生騒動記〈5〉の作品紹介

累計12万部突破!アルファポリス「第6回ファンタジー小説大賞」大賞受賞作、第5巻刊行!
守銭奴戦国武将・岡左内と、オタク高校生・岡雅晴の魂を併せ持った少年――バルド・コルネリアス。初の領地であるアントリムの防備をバルドが着々と強化するなか、仇敵ハウレリア王国はついに挙兵し、ここに「第二次アントリム戦役」が勃発する。迫りくるハウレリアの軍勢は自軍の十倍以上……バルドは仲間たちと共に、鉄条網や塹壕を用いた近代戦術、科学知識を応用した榴弾や火炎放射器を駆使して、決死の防衛戦に臨むが――!?

異世界転生騒動記〈5〉のKindle版

ツイートする