ムーンショット! -Moonshot!

  • 100人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : 川添節子 
  • パブラボ (2016年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434216176

ムーンショット! -Moonshot!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジョン・スカリーと言うと、スティーブ・ジョブスに引っ張られ、ジョブスをクビにしたイメージしかなかったが、イノベーションやシリコンバレーのビジネスに深い造詣があることをうかがわせる。成功も失敗も豊富なメンターからの示唆だと思って読むと実に腹落ちする。

  • ジョン・スカリー氏といえばジョブズ氏の誘い文句、「Do you want to sell sugared water for the rest of your life, or do you want to come with me and change the world?」が夙に知られているが、彼自身はペプシコで敏腕を奮った超一流のマーケッターでもある。

    彼が語る「ムーンショット」とはiPhoneのようなそれ以前とそれ以後では価値観が変わるような革新的なプロダクトやサービスを指す。市場予測が通じない未知の需要ながら消費者ファーストでイノベーションを起こす、そうした人や企業を彼は「適応型」と表現する。

    本書で語られる内容は『ゼロトゥワン』や『シンギュラリティ大学』と同様に、昨今極めて重要な起業家マインドであるが、残念なのが本書は公知の事例や親類や知人の事例の寄せ集めである点だ。興味深い論点であるだけに、彼なりの知見や体験が本書内にあまり見受けられないのが残念である。

  • 論理はあなたをAからBへと導いてくれる。想像力はあなたをどこへでも連れて行ってくれる。
    ビッグデータの発達に起因して、商品を提供する側から顧客側へのパワーシフトが起こっている。

  • Moonshot!を狙うために必要なマインド、スキル等の説明。
    ジョブスをはじめ、著名経営者とのやり取りや、スカリーのペプシ・Appleでのエピソードなどが出てくるので、面白く読める。
    また、最後のまとめもありがたい。

  • 顧客体験が大切だということが具体的にわかるよう意識して書かれている。
    失敗も成功も、読む人の参考になるように書かれているように思う。

全5件中 1 - 5件を表示

ジョン・スカリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
ベン・ホロウィッ...
シーナ・アイエン...
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ムーンショット! -Moonshot!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ムーンショット! -Moonshot!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ムーンショット! -Moonshot!を本棚に「積読」で登録しているひと

ムーンショット! -Moonshot!の作品紹介

世界を変えるビジネスはこうつくる!ジョブズに引き抜かれ、そして、ジョブズを追いやった男、ジョン・スカリーが解き明かす、10億ドル規模のビジネスの立ち上げ方と戦略。

ツイートする