異世界転生騒動記〈8〉

  • 15人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高見梁川
  • アルファポリス (2016年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434222870

異世界転生騒動記〈8〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トリストヴィー王家の血筋と公表されたバルドは、トリストヴィー公国の港湾都市マルベリーへ向かう。
    超巨大戦艦ギガンテとの海洋戦闘が見どころ。
    ヒロイン関係は捨て身のマウリシア王国第二王女レイチェル、猫耳族の巫女姫サツキ、海洋戦闘ならマジョルカ王国のウラカが頑張ってます。
    マゴット、ジーナ、サツキ、バルドの超絶戦闘も見所。
    ネットだと丹頂に感じられたところも、まとめて読むと一気に盛り上がる読みごたえに、楽しかったです。
    外伝『ジルコの生還』

全1件中 1 - 1件を表示

高見梁川の作品

異世界転生騒動記〈8〉の作品紹介

累計20万部突破!辺境貴族の少年が成り上がる異世界ファンタジー戦記、待望の第8巻!
守銭奴戦国武将・岡左内と、オタク高校生・岡雅晴の魂を併せ持った少年――バルド・コルネリアス。バルドが獣人族の血を引き、さらにトリストヴィー平定を目指すと宣言したことで、各勢力の動きは急変した。トリストヴィー公国は港湾都市マルベリーへの侵攻を開始し、バルドはそれに対抗すべく、自ら艦隊を率いてマルマラ海を南下する。しかし公国側には、超巨大戦艦「ギガンテ」という切り札が存在していた……。南洋の覇権を賭け、艦隊同士の一大決戦が勃発する!

異世界転生騒動記〈8〉のKindle版

ツイートする