表象としての身体 (叢書・身体と文化)

  • 15人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 鷲田 清一  野村 雅一 
  • 大修館書店 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469163438

表象としての身体 (叢書・身体と文化)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    身体はたえず抽象化され、隠喩化されてきたために、何がその第一次的な機能かわからないほど豊かな意味の世界が見いだされる。
    本巻では、身体が、さまざまな文化のなかで、どのように解釈され、表現されてきているかを考える。

    [ 目次 ]
    序論 表象としての身体―身体のイメージとその演出
    第1部 身体のアーキタイプ
    第2部 顔の変幻
    第3部 皮膚と衣
    第4部 身体の運動空間
    第5部 加工される身体
    カレイドスコープ 身体ととけあう

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

表象としての身体 (叢書・身体と文化)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

表象としての身体 (叢書・身体と文化)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

表象としての身体 (叢書・身体と文化)を本棚に「積読」で登録しているひと

表象としての身体 (叢書・身体と文化)の作品紹介

身体はたえず抽象化され、隠喩化されてきたために、何がその第一次的な機能かわからないほど豊かな意味の世界が見いだされる。本巻では、身体が、さまざまな文化のなかで、どのように解釈され、表現されてきているかを考える。

表象としての身体 (叢書・身体と文化)はこんな本です

ツイートする