国語は好きですか

  • 79人登録
  • 3.53評価
    • (5)
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 外山滋比古
制作 : 唐仁原教久 
  • 大修館書店 (2014年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469222388

国語は好きですかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非論理の典型みたいな本。論理ではなく連想と思い込みで文章が紡がれる。
    そういうの好きな人はいいかもしれないが、僕は苦手。

  • 途中までですみません。まったく最近の世の中ときたら……というグチに国語の正史を踏まえた濃厚な含蓄を含むエッセイです。

  • 日本語と英語(外国語)の対比の話としては面白い。
    ただし読んでいて国語の語彙などが増えるような本ではなく、日本における日本語教育の問題点をあれやこれといった事実をもとにして話を展開させている本。
    よって話に一体性がなく、おじいちゃんのボヤキ程度の構成になってしまっている。
    漠然としすぎていて一番何が言いたかったのかもわからない。ヒマしのぎになら読む価値ありかと。

  •  国語の試験でよく見かけた外山滋比古さん(鷲田清一さんや養老孟子さんと並んで最もよくお名前を見かけたような気がします)。

     そんな事情もあり、教科としての国語の話かと思っていたのですが、実際は日本語・母国語の話でした。読み書きへの偏重で話す・聞く能力が停滞していることを嘆き、「話せない先生」が教える劣悪な小学校の英語教育に異を唱えます。国を愛することは母国語を愛することだ、という主張が力強いです。

     母国語を「文化的ナショナリズム」と捉え、その本質に迫ります。最後まで読んだとき、タイトルのもつ重みに気付かされます。自分がどこまで日本語のことを分かっているのか、そしてどれだけ日本語を愛せているのか・・・。最後まで読むと、本当にタイトルが重いです。

  • 日本語の我と汝は、芝居の黒子のような存在。働きはあるが姿は朧、はっきりとはさせない。自称が明確ではなく衝突の危険が小さい。議論になじまず喧嘩に遠い。平和、共存にふさわしい言葉として日本語は発達してきた。句読点も読者の理解を助けるものであって、読む側が十分ものの分かる人であれば蛇足である。必要のないものは蛇足であり、蛇足は相手に対し失礼というもの。世界に類のない日本語独自の曖昧の美学。日本人の洗練なればこその美学が日本語にはある。

  • 「国語は好きですか」という問いかけになっているタイトルに惹かれて購入したものの、内容は簡単なものではなかった。想像したのと違って、非常に厳しい指摘をされていた。
    正直、私は学生の頃は国語があまり好きではなかった。しかし、大人になって読書が好きになり、今なら国語も好きといえるのか…と思っていたが、それは大きな勘違いだと気付いた。そんなに単純に好き嫌いだけで測れるものでもないし、ここに書かれている国語教育そのものの問題点を読むと、まだまだわからないことが多いことに気づかされる。
    いずれにしても、日本国民として自分の国の”言葉”をもっと愛することが大切なのだと感じた。

  • 国語教員若しくは教員志望者の方にオススメです。教室で生徒に話せると良いと思います。

全7件中 1 - 7件を表示

外山滋比古の作品

国語は好きですかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

国語は好きですかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

国語は好きですかを本棚に「積読」で登録しているひと

国語は好きですかはこんな本です

ツイートする