納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらし

  • 23人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 石塚修
  • 大修館書店 (2016年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469222463

納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 納豆はかの千利休の茶会に出され、松尾芭蕉の俳句に詠まれ、また夏目漱石、太宰治などの作品にも描かれてきました。本書では文学史上に名を残す著名人の作品のほか、古典から近現代まで納豆にまつわるさまざまな文章をクローズアップ。時代時代の納豆の姿を追いかけながら、納豆と日本人の知られざるつながりを解き明かしていきます。
    名文の中に出てくる納豆として、夏目漱石の『門』の一節が紹介されています。江戸の冬の風物詩として登場する納豆に、「江戸っ子」漱石の一面が垣間見えてくるようです。
    納豆好き、文学好きはもちろん、納豆を口にしたことがある方ならどなたでも楽しめる一冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

石塚修の作品

納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらしを本棚に登録しているひと

納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

納豆のはなし: 文豪も愛した納豆と日本人のくらしはこんな本です

ツイートする