弱った体がよみがえる 人体力学

  • 655人登録
  • 3.64評価
    • (28)
    • (39)
    • (50)
    • (9)
    • (2)
  • 53レビュー
著者 : 井本邦昭
  • 高橋書店 (2011年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471032364

弱った体がよみがえる 人体力学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • からだの不調の原因として特に気を付けるべき場所は「呼吸器」だそうである。また、さび付いた体を蘇らせるために筋肉、骨などのこわばりをとる方法が紹介されている。

    2年前の人間ドックで、予想される肺活量と実際に隔たり(予想値より低い)があり、要注意のマークがついていた。また、冬場の数回のスキー以外にろくな運動もしないでいることを保健師さんから度々指摘され、気にはなっていた。いよいよマズイと昨年から週一で軽い運動を始めたところ、肩こりや猫背も多少改善され、例の肺活量の実際の数値が上昇しマークがとれていた。

    身体の不調は運動不足により柔軟性が失われていくことに目が行きがちで股関節の稼働域を広げようとしたり、姿勢をよくしようと骨盤や背骨に注目が集まる。実際、私もそうだった。ストレッチをしたり、腹筋・背筋を鍛えようとしたり。けれど、関連本やネットサーフィンするうちに、呼吸もかなり重要だとわかってきた。そのためのポイントとなるのは肩甲骨。

    自分の身体を理解するのに、オススメです。

  • 立ち読みを。買おうかどうしようか。
    整体初級から初中級過渡期の自分としては今知りたいことが書いてあった。
    例えば肩はどうして凝るのか、腰痛はどうして起きるのか、
    骨盤が傾いて腰椎の湾曲がなくなって猫背になって・・というような
    わりとよく耳にするけどいまいちピンと来なかった力学的根拠を
    図解でばしっと。猫背とか肩甲骨が開いてしまう様とか、
    なんというか絵自体がとてもリアルにわかりやすかった。
    最もメジャーな症状「肩こり」は2種類の解説がされてたけど、
    「冷え」とか「生理痛」とか「アレルギー」とか、
    後ろのほうの症状は、え、ほんとにこれだけかな?他にもあるんじゃ?
    と思えるところもあり。
    でも実際ヒトの身体に起こりうることのが多様なのは当たり前で
    事例集、としてみるのがいいのかも。
    で、改善のためやり方がのっているメインの「10秒刺激」は、お客さんに伝えるにしてはちょっと複雑だしあんまり食指がうごかず。
    本気で自分の身体の不調を知って自力で治したい人には
    オススメできるかもと思った。

  • 整体の先生が書いた本のようで、骨や筋肉と体の仕組みがわかりやすく解説してあります。単なるストレッチや美容の本ではありません。アレクサンダー・テクニークに通じるものがあります。体の不調の原因はそこだけにあるのではない、ということがよくわかります。

    いろいろな症状の原因を短絡的に決め付けないように気をつける必要はありますが、この本の内容に書いてあることを意識すれば、きっと生活の中で役立つものとなるでしょう。

  • ★★★☆☆にしましたが、決して悪い本ではないです。
    が、タイトルに「人体力学」とあったので、もっと物理学的なアプローチを期待していました。
    しかしながら、東洋医学や整体からのアプローチだったので、自分にとっては期待はずれだった、という意味で、あまり高く評価しませんでした。

    要するに、「姿勢を正しくすれば、体調がよくなりますよ」「姿勢の矯正に適した体操を紹介・説明しますよ」という本です。

    かなり丁寧な図解(写真)付きですので、興味がある方は、是非、読んでみてください。
    ただ、(僕のように)図書館で借りてしまうと、なかなか実践できませんので、書店で中身を見て、要不要を確認し、役に立ちそうであれば、購入するのがおすすめです。

  • 普段から肩甲骨まわりの動かし方は参考にしている。全部読んでないけど体調が悪い時に引っ張り出して試してみたい。参考書の棚に収納。

  • からだの不調は身体の歪みから来る。西洋医学は症状を治癒できてもその原因を解決するわけではないから再発しやすい。一方、井本整体はその原因を正そうとする東洋医学的手法。これらの最適な組み合わせによって身体の不調は解決していく。

    「10秒刺激」後、血行が良くなってスッキリすることが実感できる。起床時と就寝時のほんの数十秒で完結するが効果覿面の井本整体。とてもオススメ。ちなみに、眠気覚ましや快眠にもいいんです。

  • 前かがみになったり肩を落としたりの状態だと背骨が弱ったり内臓に負荷がかかったりするそうです。言われるとよくわかりますが、普段は意識しないことがよくあります。背筋を伸ばす、胸を張る、顎を引く・・・など、いい姿勢を保つことが健康にいいんだとつくづく思います。いつもいつもは難しいので、一日に数度チェックしたいと思います。軽い運動をしながら。

  • 体の不調の原因である歪みを治す本です。
    体の不調は背骨のズレから、起こるそうです。

  • 西洋医学は対処療法として有効、根本対策として異常を生む原因が不調の患部以外にもあり、それを取り除かない限りは治らない。
    呼吸法と共に、東洋医学やヨガと近い。
    体の中にある仮死状態(サビつき)に注目し、体の奥ピンポイントで刺激する。

  • 症状?ごとのメカニズムと対策が書かれてるのがいい!

全53件中 1 - 10件を表示

井本邦昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
やました ひでこ
池井戸 潤
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

弱った体がよみがえる 人体力学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

弱った体がよみがえる 人体力学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする