おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

  • 738人登録
  • 3.77評価
    • (34)
    • (61)
    • (44)
    • (9)
    • (2)
  • 82レビュー
制作 : 今泉 忠明  下間 文恵  徳永 明子  かわむらふゆみ 
  • 高橋書店 (2016年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471103644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
ヨシタケ シンス...
ロビン・スローン
ヨシタケ シンス...
エラ・フランシス...
恩田 陸
西 加奈子
村田 沙耶香
三浦 しをん
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典の感想・レビュー・書評

  • 夏休み中の児童書コーナーで見つけたのですが、「イルカは眠るとおぼれる」と大きく書かれた帯に煽られて、衝動買いしてしまいました。

    「すごい!」と感心するよりも「どうしてそうなった……」と溜息が出てしまいそうな動物うんちく122連発。全編、写真ではなくイラストなのですが、デフォルメし過ぎず適度にとぼけてて可愛かったです。
    読んですぐに動物博士にはなれませんが、「もっと詳しく知りたい!」のきっかけには最適。

    うちはまだ娘が小さいので、もう少し大きくなってから「サソリって紫外線当てると光るんだよ。別に意味ないけど」なんて知ったかぶりをしようと思います!

  • 兄の孫にあげようと思って買ったけど、自分の本棚に入れちゃった。

  • おもしろかった。
    いろいろな方法で生きている動物たち。
    それを知ることが、進化とは何か、という大きな問いに対してのほんとうの入門なんだと思う。

    説明は砕けてわかりやすいんだけど、描かれている絵があまりキャラクター化しておらず、リアルなままだったのが、個人的にはすごく製作者側のこだわりを感じた。

    それにしても、なんというか、ここを重視したばかりにあそこが疎かに、という現象はなかなか示唆的で興味深い。

    進化と退化は表裏一体、私たち人間も、何かを改めようとする、その一方で、どこかの何かを捨てているのだろうな。

  • 驚きが多くてとても面白い。
    大人が読んでも十分面白い。

  • 残念、というのもなんだか失礼な感じはするが、ともかく、ユーモラスな生物の特徴を紹介する一冊。特に印象に残ったのは、メスに中身が空っぽのプレゼントを渡し、ラッピングをメスが開けてる間に交尾を済まして、さっさとオスが立ち去るという虫の話。残念というより、やりよるなあと感心した。

  • 暇つぶしに。動物に関する豆知識。そうとは分かっていても活字が読みたい人には物足りない。ユルい感じの絵と文章が気分転換にはいいかも。

  • 一生懸命に、普通に生きているのだけど、なんだか残念な生き物たち。

    ダチョウは脳みそが小さいとか。カバのお肌は超弱いとか。ウナギの体が黒いのはただの日焼けとか。
    人間視点で読んでるので面白いけど、
    いつしか上から目線が、なんだか共感できたり、羨ましかったり。

    私がいちばん残念な生き物かも。
    ホッキョクジリスは1年の半分以上寝ているとか。(いいな〜)
    チベットモンキーは大人の喧嘩を子どもが仲直りさせるとか。(深いなあ)
    ゴリラは知能が発達しすぎて下痢気味(あああ〜ねー!)
    1匹オオカミは弱い(悲しい)

  • おもしろい!かわいい!

    子ども向けなので、説明がはしょりすぎだったり、大人の自分には常識だったりするところもあったが、「ざんねんないきもの」という切り口がおもしろいと思った。個人的に興味を惹かれたのは、「雨の日が続くとミユビナマケモノは餓死する」「オオハムは足があるのに歩けない」「クロヤマアリはほかのアリのどれいにされがち」「クマムシが無敵なのは乾燥している時だけ」など。"ざんねん"な結果になった理由が笑えるんだけど、本人たちはまじめに進化した結果なのが"ざんねん"なんです。

    おすすめ。

  • 笑える。動物も大変っすね。

  • 児童向けの生物学な本といえば、
    “今泉”の苗字が思い浮かぶほど、
    今泉先生の本は安心&楽しく読めます。
    高学年・中学生向けな、振り仮名が多くて易しい文章。
    でも、大人だって楽しめ、目から鱗な一冊。
    進化の果てに、飛びぬけた能力を得た・・・としても、
    他の身体能力がダメダメだったり、
    実は必要性が無くなって、無駄無駄になっていたり。
    爪が大きくなり過ぎて、うまく歩けないオオアリクイ。
    木から降りるのが苦手なムササビ・・・等々。
    人間に病気が多いのも進化の果て?と考えてしまいました。

  • 帯文:”45万部突破!” ”進化の道は、けわしい。でも、だからおもしろい!” ”笑えてちょっとためになる!思わずつっこみたくなる生き物122種”

    目次:はじめに、第1章 ちょっぴり進化のお話、第2章 ざんねんな体、第3章 ざんねんな生き方、第4章 ざんねんな能力

  • ざんねんないきもの…
    と言っても蛭子さんとかではありません。
    いろんな動物のおもしろい生態が描かれています。

    個人的には、ウォンバットに生まれ変わったらうんこでツムツムしてみたいです。

  • とにかく面白い!
    そして知らない動物を知ることができる。

    飲み会のネタに!(笑)

  • 1時間くらいで読み切ることができる本でした。
    「読み物」というよりは「図鑑」。
    大体が1ページ、中には見開きで紹介されている動物もありましたが、見た目・生態などの「特徴」をただ説明するだけだったので(だいたい、ツッコミのようなコメントが最後につけくわえられていましたが)、細かな知識が身につくか、というとそうでもないような……。

    もともと知っていた情報も多かったですし(動物番組などを見る人であれば、知らない情報の方が少ないかもしれません)、印象ですが「うんこ」関連のネタが多かったように感じました。

    トリビア的には面白いかもしれませんが、じっくり読んだり、繰り返し読み返したりはしないかな、と思います。

  • 知っているネタも結構あったので、☆−1したけど、
    わかりやすく解説されていて楽しかった!
    テントウムシは実は…とか、ウサギはウンチを…とか
    身近ないきものが多いのも良かったが、
    全く知らないマイナーな生き物も載っていたので
    ググって写真を見てみようと思った。
    可愛いイラストも楽しいので、気分転換に
    誰かに話せる雑学知りたいってときにいい(≧∇≦)b

  • 続編
    楽しく、ドッキリ、やや残念...(^^;



  • 少し前に購入。
    読んでいて面白くてゲラゲラ笑って、そしてしばらくして内容を忘れてまた手に取って笑えるというスルメみたいな本。多分、笑い事ではないのだろうけれども外から見ると愉快に見えることって多いんだなぁ。

    地球外生命体から見たら地球でしか生きられない生物が自分たちの生存可能地域を汚染して生存不可領域を増やしているとか…鼻で笑われるかもしれないな。

  • 【読了】

     あ〜、なるほどなぁ。
     こんなことがあるんだぁ。


     のんびりと何も考えずに読書ができました^^

     ルビもすべてふってあるので、小学生くらいの子供でも楽しく読めると思います。

  • ユーモラスに、さまざまないきものの意外な一面や知らなかったことが解説してあって、驚愕の面白さ。イラストのかわいさと、そこでいきものたちに呟かせているセリフも絶妙!

  • たまには、活字だけで構成されてないものも恋しくなりますよね。子供向けのイラストが入った動物図鑑。体の構造や生体など、知らない事もあって「へぇ~」と何度も。
    サソリが一番うけました。

  • 読んでから日がたっているので忘れた。
    ただ「面白かった」という感情は覚えているんだけど。

  • ゴリラは知能がありすぎて下痢になる、とか。
    サソリは紫外線をあてると光るが意味はない、とか。

    イラストと相まって非常に面白い。

    それにしても、ひとつの種に対してほんと数が多い。
    人間くらいではないのかと思う。黒人、白人、黄色人種と区切るか、コーカソイド、アングロサクソン、モンゴロイドなどで区切るかにもよるが、この程度でしか分けられないし、内面での多様さ(アルコールの分解など)はともかく、外見的なものや能力的なものについてはほとんど差がないように思える。進化しきったのだろうか。終息に向かっている?知性で乗り越える人間には進化はできないのか。
    どちらにせよ、ハーレム的環境の形成ができるほど崩れないと、広がらないだろう。

    あとは、突然変異的にというのが進化の通説だが、色の黒い蛾はともかく、水中に適応した人間が突然生まれるのだろうか?当然裏を返せば、そういう環境になった時に人間が適応できなければ滅びるだけなのだが。陸から水の中にいった種もいると考えると、、、。

  • 地味に、最初の進化の話に好感が持てる。
    「地球で生き残るコツは運」
    というのは進化論に対して誠実だと感じる。

    クスリとくる表現でざんねんな事例を挙げているが、
    様々な生物に対する著者の愛が感じられる。
    地球って不思議で素敵だな、
    と感じる子供たちも多いのではないかな。

    と、偉そうに評論ぶってみたが・・・
    単純に豆知識が面白くて楽しんで読めた!

  • 地球にはどのくらいの数の生物が存在するのでしょうか?実は名前のついている生物はごくわずかだそうで、この地球上には、わからないほどの数の多種多様な生物が存在しているのだそうです。ですから、中には〝なんだこりゃ?〟といいたくなるような生き物がいたって不思議じゃありませんネ。
    この本では、私たちがよく知っている動物や、鳥類、昆虫たちの不思議な生態、身体的特徴、習性などが紹介されています。いったい何の役に立つのかと思わざるを得ない、へんてこなものばかりです。
    でも、なにごとにも意味があると信じ、ものごとの原因や理由を知りたがるのも、あるがままを受け入れて生きるということのできない人間の、おかしな習性といえるかもしれませんネッ。
    子供向けの読みものでしたが、知らないこともたくさんあって面白かったです。



    べそかきアルルカンの詩的日常
    http://blog.goo.ne.jp/b-arlequin/
    べそかきアルルカンの“銀幕の向こうがわ”
    http://booklog.jp/users/besokaki-arlequin2

  • 資料番号 : 00013946
    請求記号 : 480||IMA
    配架場所 : 上階書架
    NCID : BB2140576X

全82件中 1 - 25件を表示

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする