おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典

  • 635人登録
  • 3.83評価
    • (31)
    • (51)
    • (34)
    • (6)
    • (2)
  • 71レビュー
制作 : 今泉 忠明  下間 文恵  徳永 明子  かわむらふゆみ 
  • 高橋書店 (2016年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471103644

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
原田 マハ
中村 文則
エラ・フランシス...
tupera t...
西 加奈子
恩田 陸
三浦 しをん
辻村 深月
ヨシタケ シンス...
村田 沙耶香
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典の感想・レビュー・書評

  • 夏休み中の児童書コーナーで見つけたのですが、「イルカは眠るとおぼれる」と大きく書かれた帯に煽られて、衝動買いしてしまいました。

    「すごい!」と感心するよりも「どうしてそうなった……」と溜息が出てしまいそうな動物うんちく122連発。全編、写真ではなくイラストなのですが、デフォルメし過ぎず適度にとぼけてて可愛かったです。
    読んですぐに動物博士にはなれませんが、「もっと詳しく知りたい!」のきっかけには最適。

    うちはまだ娘が小さいので、もう少し大きくなってから「サソリって紫外線当てると光るんだよ。別に意味ないけど」なんて知ったかぶりをしようと思います!

  • 兄の孫にあげようと思って買ったけど、自分の本棚に入れちゃった。

  • おもしろかった。
    いろいろな方法で生きている動物たち。
    それを知ることが、進化とは何か、という大きな問いに対してのほんとうの入門なんだと思う。

    説明は砕けてわかりやすいんだけど、描かれている絵があまりキャラクター化しておらず、リアルなままだったのが、個人的にはすごく製作者側のこだわりを感じた。

    それにしても、なんというか、ここを重視したばかりにあそこが疎かに、という現象はなかなか示唆的で興味深い。

    進化と退化は表裏一体、私たち人間も、何かを改めようとする、その一方で、どこかの何かを捨てているのだろうな。

  • 驚きが多くてとても面白い。
    大人が読んでも十分面白い。

  • 残念、というのもなんだか失礼な感じはするが、ともかく、ユーモラスな生物の特徴を紹介する一冊。特に印象に残ったのは、メスに中身が空っぽのプレゼントを渡し、ラッピングをメスが開けてる間に交尾を済まして、さっさとオスが立ち去るという虫の話。残念というより、やりよるなあと感心した。

  • 暇つぶしに。動物に関する豆知識。そうとは分かっていても活字が読みたい人には物足りない。ユルい感じの絵と文章が気分転換にはいいかも。

  • 一生懸命に、普通に生きているのだけど、なんだか残念な生き物たち。

    ダチョウは脳みそが小さいとか。カバのお肌は超弱いとか。ウナギの体が黒いのはただの日焼けとか。
    人間視点で読んでるので面白いけど、
    いつしか上から目線が、なんだか共感できたり、羨ましかったり。

    私がいちばん残念な生き物かも。
    ホッキョクジリスは1年の半分以上寝ているとか。(いいな〜)
    チベットモンキーは大人の喧嘩を子どもが仲直りさせるとか。(深いなあ)
    ゴリラは知能が発達しすぎて下痢気味(あああ〜ねー!)
    1匹オオカミは弱い(悲しい)

  • おもしろい!かわいい!

    子ども向けなので、説明がはしょりすぎだったり、大人の自分には常識だったりするところもあったが、「ざんねんないきもの」という切り口がおもしろいと思った。個人的に興味を惹かれたのは、「雨の日が続くとミユビナマケモノは餓死する」「オオハムは足があるのに歩けない」「クロヤマアリはほかのアリのどれいにされがち」「クマムシが無敵なのは乾燥している時だけ」など。"ざんねん"な結果になった理由が笑えるんだけど、本人たちはまじめに進化した結果なのが"ざんねん"なんです。

    おすすめ。

  • ユーモラスに、さまざまないきものの意外な一面や知らなかったことが解説してあって、驚愕の面白さ。イラストのかわいさと、そこでいきものたちに呟かせているセリフも絶妙!

  • たまには、活字だけで構成されてないものも恋しくなりますよね。子供向けのイラストが入った動物図鑑。体の構造や生体など、知らない事もあって「へぇ~」と何度も。
    サソリが一番うけました。

  • 資料番号 : 00013946
    請求記号 : 480||IMA
    配架場所 : 上階書架
    NCID : BB2140576X

  • 読んでから日がたっているので忘れた。
    ただ「面白かった」という感情は覚えているんだけど。

  • ゴリラは知能がありすぎて下痢になる、とか。
    サソリは紫外線をあてると光るが意味はない、とか。

    イラストと相まって非常に面白い。

    それにしても、ひとつの種に対してほんと数が多い。
    人間くらいではないのかと思う。黒人、白人、黄色人種と区切るか、コーカソイド、アングロサクソン、モンゴロイドなどで区切るかにもよるが、この程度でしか分けられないし、内面での多様さ(アルコールの分解など)はともかく、外見的なものや能力的なものについてはほとんど差がないように思える。進化しきったのだろうか。終息に向かっている?知性で乗り越える人間には進化はできないのか。
    どちらにせよ、ハーレム的環境の形成ができるほど崩れないと、広がらないだろう。

    あとは、突然変異的にというのが進化の通説だが、色の黒い蛾はともかく、水中に適応した人間が突然生まれるのだろうか?当然裏を返せば、そういう環境になった時に人間が適応できなければ滅びるだけなのだが。陸から水の中にいった種もいると考えると、、、。

  • 地味に、最初の進化の話に好感が持てる。
    「地球で生き残るコツは運」
    というのは進化論に対して誠実だと感じる。

    クスリとくる表現でざんねんな事例を挙げているが、
    様々な生物に対する著者の愛が感じられる。
    地球って不思議で素敵だな、
    と感じる子供たちも多いのではないかな。

    と、偉そうに評論ぶってみたが・・・
    単純に豆知識が面白くて楽しんで読めた!

  • 動物が進化の過程で得たなんとも不思議な習性や姿。
    こんな視点で動物を見るって新しい。

  • わりと、へぇーと思う豆知識が書いてあります。

  • おもしろいんですけどね、絵も文章もクスット、ニヤっと。
    ただね、ちょこちょこっと書いてあるだけなので
    40分もあれば全部読めちゃう。
    小学生には最高なんだろうけどね。
    大人にはちょっとざんねん。

  • この手の本はたくさんあると思うのだけど。文章が面白く、イラストも好きなテイストで、分量もちょうど読みやすく、楽しめた。

  • 画のユルイ感じが肝、オドリバエの空っぽプレゼントが

  • 生き物って、本当に面白い。
    そして、なんだかちょっぴり切ない・・・
    生きてゆくのって、大変なことだ。

  • ああ、こうやって紹介すると楽しく見られるのね。ともかくこの人は生き物が好きなんだな。楽しい。いろいろと同意しがたい意見や視点はあるものの。

  • こういう本が好きだ。でも知ってるものも多い。
    ちなみにアドベンチャーワールドのパンダは茶色だ。
    白ではないよ、井上陽水様へ

  • アッサリ読めてしまうが、クスッと笑えるところはたくさんある。イラストもいい。

  • 本屋で平積みされていて、甥っ子ちゃんにプレゼントしよう!と思い立ちその前に私も読んでみました。

    動物にまつわる雑学集で、大人の私でも楽しめました。
    子供にウケるであろうウンチやゲロネタをわざと多くしていると思われ、また、なぜかパラパラ漫画なども入っており、細かいところまで子供の気持ちをガッツリつかむ工夫が盛り沢山。

    オラウータンのフランジは喧嘩に勝った証拠で、勝つと男性ホルモンが分泌され、一日でフランジが発達する!
    ワニの噛む力は小型トラック位の重さを掛けられるが、開く力は30キロほど。おじいちゃんが片手でおさえこめるほど!
    スズメバチはお腹のくびれが激しすぎるため固形物が食べられない、ご飯は幼虫から栄養液をもらって食べている!
    アブラムシのメスの幼虫は生まれた時点で妊娠している、という不思議な仕組みで短期間に爆発的に個体数が増える。冬だけ寒さを越せず、卵の形で越冬する!

    などなど、子供も大人も知らなかった面白ネタ多数です。どーでもいいモノもけっこうあるけどね。

    常識知らずで恥ずかしいですが、ウスバカゲロウの幼虫がアリジゴクだということはこの本を読んで初めて知りました・・・
    また、進化の道は一方通行なので、例えば人間は魚類や爬虫類の祖先から進化したため、彼らの持つ水中で呼吸をしたり変温動物になったり、という方向の進化は絶対にできない、というのも知りませんでした・・・

    子供目線で☆は甘めです。。

  •  学校の図書室に新しく入った本を子どもがいないうちに読んでみました。
     1ページに1種ずつ,その種独特の特徴を簡単な言葉で紹介しています。確かに,なんでわざわざそんなことするの?とか,なんでそんな体になっちゃったの? と思うような動物たちがいっぱい出てきますが,中には,なるほど,そんな仕組みになっているのか…と感心もします。
     これを読んで,いろんな動物にも興味を持ってくれればいいなと思いました。
     さて,新学期からは,どれくらい借り出されるだろうか。

全71件中 1 - 25件を表示

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典を本棚に「積読」で登録しているひと

おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典はこんな本です

ツイートする