金哲彦のランニング・メソッド

  • 736人登録
  • 3.79評価
    • (57)
    • (107)
    • (86)
    • (8)
    • (3)
  • 79レビュー
著者 : 金哲彦
  • 高橋書店 (2006年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471142124

金哲彦のランニング・メソッドの感想・レビュー・書評

  • 「肩甲骨」「骨盤」「丹田」を意識することが肝要。肩甲骨を動かすことで自然と骨盤がまわり、左右の足が前に出る。また丹田を意識することで体幹がしっかりとまっすぐになりきれいに負担ないランニングフォームになる。

  • 健康のために、ダイエットのために、これからジョギングでも始めてみようかなぁって言う人向けの一冊。しばらく運動していなかった人なども想定して、準備体操やら筋力強化の簡単なトレーニング方法、ウォーキング、ジョギング時の正しい体の使い方、痛みがでた場合の対処方法、トレーニングメニューの作り方などなど、初心者向けにかなり丁寧に説明されています。まぁ、でも走ってみようかなぁ、と言う程度の気持ちのときに、本書のような本を手に取る人は少ないような気もする。本書で紹介される、走り方、体の使い方についての全体を通したキーポイントは、肩甲骨、丹田、骨盤のようです。丹田に力を入れて体幹をぶれないようにし、背筋を使ってやや肩甲骨を後ろに引っ張って胸を張りながら腕を前後振り、それにつられて骨盤をしっかり回して進んでいくのが良いようです。そうすれば、背中に羽が生えたように若干浮いた状態で軽く走れる感覚になれるそうです。脚だけで進もうとするとすぐに疲れてしまうということ。初心者向けだけど、中級者が読んだ方が参考になると思う。

  • 分かりやすい!初心者向け。

  • 少しでも実践できるように。。。

  • 走る前後の準備運動など基本を見るのに最適。

  • 「金さん本」とも言える一冊。
    走り始めたい方にはぜひとも一読してほしい。

  • 以下要約。

    p.50 腰から下がすべて脚になったようなイメージで歩けば、驚くほどラクにすすめる。

    p.59 カラダを"スポンジ"ではなく"バネ"にする。

    p.60 肩甲骨・丹田・骨盤さえ意識すれば足元を意識する必要はない。

    p.63 疲れたときこそフォームを意識。

    p.64 体力は心臓の機能に影響される。1回で送られる血液が多ければ、心拍数も減るため、疲れにくくなる。心臓も筋肉であるため、運動で鍛えられる。

    p.64 起(準備運動)承(ウォーキング)転(ランニング)結(整理運動アイシング)

    p.74 ランニングの基本は、持続力に優れた脂肪をエネルギー源とする有酸素運動の上体を維持しながら走ること。それには「なるべくゆっくり走ること」と「カラダが温まった上体で走り始めること」が重要。 

    p.74 いきなり走り出すと、心臓が急に動き始め、そうなるとカラダはラクにこなせる有酸素運動では対処できないと判断し、無酸素運動にきりかえてしまう。

    p.78 走り終えてもすぐに止まって休まず、軽くウォーキングして徐々に心拍数を下げる。

    p.79 アイシングはシャワーでOK。

    p.80 整理運動は3~5分程度で十分。

    p.83 太ももやひざが痛くなるのは主に骨盤が前傾していないことに原因がある。上体を運ぶのに太ももの力を使うため。

    p.85 骨盤を前傾させることと、上体を前傾させることは違う。上体はまっすぐ。

  • この本には何度も読み。痛みが出る度に参考にして行っています。

    欲をいえば、もう少し上級者向けの対応策も書いてほしいです。

  • ランナー必須の書!正しく走りたいです。

  • ≪県立図書館≫

    フォームのことが知りたくて読んでみた。
    なるほど、と思うことがいくつもあった。
    なかなか、自分の姿を客観的に把握しにくいけれど
    気を付けて走ってみようと思う。

  • わかりやすい。
    我流で走っていましたが、肩甲骨と骨盤を意識できるようになり、楽に走れるようになりました。

  • ランニングについて少しきちんと学んでみたいと思い、購入してみました。
    発行からかなりたっているものの、本屋で平積みされていたのでこれは大丈夫だろう、と思ったのですが、正解でした。
    肩甲骨とおへその下と骨盤が重要なんて、初耳でしたが、がんばって実践しようと思います。

  • テレビ番組にもよく登場している、金哲彦さんのランニングメソッド。わかりやすい図と写真。とても参考になりました。
    特に正しいフォームを作るための「丹田」「肩甲骨」「骨盤」を意識した歩行・走りというのは、実際にやってみてよく分かりました。これでももっと走るのが楽しくなりそう。

  • 写真が多くてわかり易かった。

  • 長い時間走れる様になった

  • とにかく写真が多いので、わかりやすい。
    本当にそれに尽きます(笑)
    ただ、内容はとても実践しやすく、確かにこの本の通りに走るとかなり楽に走れるようになりました。

  • 2013/12/05 29冊目。

  • ランニングを始めて行きづまったとき、出会った感動の1冊。 地面を蹴ることで走れる。地面から元気をもらう。羽が生えたように動きが軽くなる! 「何か運動してみたい」「走ってみたい」という方にお勧めの本です。 体を目覚めさせましょう!

  • いいこと書いてある。

    走る時は足を動かしているのではなく、肩甲骨を動かすのを意識する。すると勝手に足が動いてるから。

  • とても参考になる。実践すればするほどこの本の奥深さがわかってきました。 体幹は大事です。おかげで筋肉痛はあっても故障は経験していません。

  • <本から>
    3つの部位を意識すれば、走りがグンとラクになる!
    肩甲骨
     ここを動かすことで、“カラダの軸”となる体幹を使った走りができ、
     見た目にもきれいになります

    丹田
     おへそから5cmくらい下にある丹田に重心を置くことで、カラダは
     もっともバランスのとれた状態になります

    骨盤
     肩甲骨を動かすことで、この骨盤が回旋します。腰が回れば当然、
     脚も前に出やすくなります。さらに、骨盤を少し前に傾けて走れば
     胴体がしっかり安定して、胴体を制御するための余計な力を使わずに
     すむためラクに走れます

  • ランニングを始める前に読むのに最適。

  • まだ、速く走れない

  • 故障の原因は筋力不足だけではなく、ランニングフォームにも原因があるのでは、と思い立ち、正しいフォームを改めて学んでみようと手に取ったのがこちらの本。
    丹田、骨盤、肩甲骨の3点を意識し、体幹で走るフォームは、なるほど、慣れてくると自然と足が送り出されて非常に楽。カラダの軽さも感じます。
    「ランニングはウォーキングの延長」、「正しいフォームを身につけるためにはまずウォーキングから」ということで、ケガで走れない状況もこれ幸いに嬉々として早速ウォーキングに着手しました。
    目下体幹で走るランニングフォーム習得に向け、前向きに取り組み中です。
    巻末には体の痛みに応じてその原因と対処法などもわかりやすく掲載されていて、自分のようにケガで走れない人にとってはまさに打ってつけの本です。

  • ランニングのフォームについて勉強したくて読んだのだが、丹田とか骨盤の向きというのは、自分で意識してもよく分からない。多分、外の目からコーチしてもらわないと、感覚としてはつかめないような気がした。

    体操やストレッチングは、既に知っていたり実践しているものがほとんどだったので、あまり得るものはなかった。

全79件中 1 - 25件を表示

金哲彦のランニング・メソッドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

金哲彦のランニング・メソッドを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする