いちばんカンタン!資産運用の超入門書

  • 31人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 湯之前敦
  • 高橋書店 (2016年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784471210786

いちばんカンタン!資産運用の超入門書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ただただ心配な将来のために、知識として知っておかなければいけないものを知っておこうかと思って手にしました。
    わかりやすく、本当に入門編。
    自分がどういう風にすればいいのか。選択肢を載せられた感じでした。

  • 超入門書とある通り、資産運用に対するハードルをかなり下げてくれる。決して内容が薄いというわけではなく、抜け漏れなく、元金が少なくても実践できるアプローチが紹介されていて、読んだ内容をすぐに行動に繋げやすい、と思う。

  • 資産運用を初めて考える時の全体図を知るのにはわかりやすかった

  • いちばんカンタン!資産運用の超入門書
    2016/10/20 著:湯之前 敦

    世の中に数ある、株式や投資信託といった金融商品のしくみや動向をまった理解していないにもかかわらず、たんに資産が増えないと嘆くひとが多い。
    多くの人は投資や運用を「怖い」とか「わからない」といったネガティブなイメージでとらえている。ただこの低金利時代、資産が増えない現状を変えるには、自らそういった考え方や取り組みを変えるしかない。

    本書はそんな資産運用初心者に向けた資産形成の基礎知識について以下の4章にわけて説明している。
    ①運用前にやっておきたいこと
    ②余裕資金ゼロの運用法
    ③ベストな運用法を知る
    ④投資額別にみる運用術

    資産運用という言葉
    この言葉だけをみるとお金持ちの一部の人にしか関係ないと思いがちであるが、すべての人が行うべきことでもある。

    資産運用といっても、ひとりひとりその人の現状と目的によってそのプロセスは大きく変わる。しかし、根底にある考え方や知識についてはつながっており、まずは本書のような入門書でそれを補完していく必要がある。

    資産運用にかかる教科書はあまたあるもののその人にぴったりとあう書物というのはなかなかない。関連書籍からいろいろな項目を引っ張り出して自分に合ったものをくみ上げていくしかない。

    資産運用・投資は怖いものではない。
    そう本書から感じることができれば次のステージに行って問題ないのではないかと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

湯之前敦の作品

いちばんカンタン!資産運用の超入門書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いちばんカンタン!資産運用の超入門書を本棚に「積読」で登録しているひと

いちばんカンタン!資産運用の超入門書はこんな本です

ツイートする