高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへ

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Martin Trow  喜多村 和之 
  • 玉川大学出版部 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784472401213

高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 選択科目「高等教育マネジメント論」で使用。
    専攻シラバス:
    http://www.gsis.kumamoto-u.ac.jp/curriculum/29/syllabus_29.html

  • 一応こんな本も読んでます…。^^;
    もはや高等教育論においてはトロウモデル(エリート→マス→ユニバーサル)といえば古典のようなものですが。この本では、比較的最近の彼の講演や論文などを編集したものなので、遠隔教育や、IT技術のインパクト、アカウンタビリティの問題など、現代の高等教育においてUp to dateな問題がいろいろと取り上げられています。彼の論考はパースペクティブが比較的一貫しているので、わかりやすい。本当に、彼が言うように、高等教育のこれから、というのはかなりドラスティックに変っていくだろうなー…と現場にいても思います。30年後、大学なんてないかも…と思う反面、やはり、高度な知的交流の場として新たな活路を見いだしつつ存続してほしい、と思います。私は若干エリート型の大学に傾倒しているかもしれない。でも、生涯教育とか継続教育とかリカレンと教育とかっていう時代になったら、「大学」ってエリート型に回帰せざるを得ないのではないかと思うのだけれども。
    蛇足ながら、「教育」という言葉はすごく嫌いだ。「用語」として定着してしまっているから仕方なく使っているけど。英語の「education(引き出す、という意味)」もどうかと思う。ドイツ語の「bildung(自己形成というような意味)」というのが一番しっくりくるが。強いて言えば「learning」は許容できる。教育って一方向的な気がするから。やはり学習者の動機あってこそ、何かを学べると思うので。
    で、ええと、この本自体、何か新しい発見があるわけではないのだけれども、そういういろいろなことを自分で考えるきっかけとしては良かったです。これをテキストとして、ディスカッションなんかをしてみるとおもしろいかも。
    (2001 Mar)

全2件中 1 - 2件を表示

マーチン・トロウの作品

高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへの作品紹介

著者の発展段階理論は先進諸国における高等教育の諸相を記述するのではなく、事情を異にした国々において大学等の高等教育機関が制度的に発展していく過程をより緻密に研究し、理解を深めるための分析手法を提供しようと試みたものである。

高度情報社会の大学―マスからユニバーサルへはこんな本です

ツイートする