神になった人びと

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小松和彦
  • 淡交社 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473018373

神になった人びとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神社創建の裏には、やはり歴史のミステリーや知られざる物語があるのだなと教えてくれる一冊。

    談山神社をめぐる「藤原鎌足の墓所は多武峯か、阿武山古墳か?」の謎だとか、日光東照宮をめぐり「家康の遺骸は日光か?久能山か?」の論争だとか、すごい興味をひかれた。

  • 一寸論文的なものであったかな。
    もう少し逸話みたいなのがあったら読み易かったかもしれません。

  • 帯表
    人はいかにして神になるのか!
    -日本人の「たましい」観を探る

全3件中 1 - 3件を表示

小松和彦の作品

神になった人びとの作品紹介

現代の日本人には仏教思想が浸透していて、人は死ぬと「ホトケ」になると思っている。しかし、日本には、古来、人を神に祀り上げる習俗があった。その思想とメカニズムを解明する。「崇拝」「怨霊」「権力」「民衆」をキーワードに、藤原鎌足、源満仲、安倍晴明などを取り上げ、日本人の「神」観念を考える。

神になった人びとはこんな本です

神になった人びとの文庫

ツイートする