能にアクセス (劇場に行こう)

  • 34人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 井上由理子
  • 淡交社 (2003年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473031297

能にアクセス (劇場に行こう)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今月、能を鑑賞するので予習に借りてきました。歌舞伎、文楽とは違って難しそうなイメージがあります。やはり、ある程度あらすじ等を頭に入れておかないと分かり難いらしいです。鑑賞するに当たり、何か決まり事があるのかと思いましたが、特に難しいことは無さそうです。ただ拍手はしないことが多く、静かに鑑賞するようです。男のシテ(主役)が能面をつけないことは初めて知りました。残念ながら鑑賞予定の演目については本書には載っていませんでしたが、これで少しは気楽に鑑賞出来そうです。

  • 初心者向け。教科書的に読むのならいいと思う。

  • 手引きとして。
    伝統芸能の中ではお能が最も好きです。
    昔、日本語が全く分からないジョンレノンが「隅田川」を見て、感動して泣いていたというエピソードを聞いたことがあります。
    自分は井筒も好きです。沖つ白波。

  • 2009年 60冊目 4/21 本日二冊目

全5件中 1 - 5件を表示

井上由理子の作品

能にアクセス (劇場に行こう)の作品紹介

はじめて能を観るのに、専門的な知識はいりません。ただし、能が誕生し円熟した時代の"当たり前"は、現在の"当たり前"ではありません。また能は抽象的な表現方法をとるため、わかりづらい部分もあるでしょう。能初見のときの著者のように「さっぱりわからない」状態になったらどうしよう…、そんな不安を抱かれているようなら、本書をちょっと手に取ってみてください。能の舞台への案内板になるかもしれません。

能にアクセス (劇場に行こう)はこんな本です

ツイートする