レベッカ・ホルン

  • 29人登録
  • 4.30評価
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 淡交社 (2009年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473036063

レベッカ・ホルンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レベッカ・ホルン展へ行く予習のために読むはずが、あれよあれよと当日で、結局復習になってしまった。本では動きが見えないのが残念だ。きこきことか、じじじじとか音を立てて回転する、ぎこちなく精密でない動き。そこに唯一無二の物体とした世界が拡がっているのだ。あとは余白の美学。周りの壁や床からも言い得ない美しさが放たれていて、作品を包み込むというのではなくて、個々に独立した乾いた美しさがあった。本には作品展には無かったものも載っていて、これはこれで別の作品でもあると思う。

    写真にはアングルがある。写真家から見た、製作者から見た、ベストのアングル。それはやっぱり否応無しに美しいと思うし、ある意味破綻されない美でもあると思うけど、個々の心にぐぐっとくるアングルだとは限らないのである。直接見て、感じて、自分だけの角度を持つことが、この上ないことなのだと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

東京都現代美術館の作品

レベッカ・ホルンはこんな本です

ツイートする