亀屋伊織の仕事―相変わりませずの菓子

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山田和市
  • 淡交社 (2011年2月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473036971

亀屋伊織の仕事―相変わりませずの菓子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 干菓子,わけても有平糖のお菓子で有名な亀屋伊織の1年間の仕事を紹介するものです。美しい写真と,文章で心が洗われる感じがします。お店の前を何度も通ったことがありますが,和菓子屋さんって,最初は気付かないたたずまいです。

  • <閲覧スタッフより>
    400年にもわたる老舗干菓子、亀屋伊織17代山田伊織氏の長男が著者。京都の四季を感じさせる干菓子の紹介や作り方、干菓子に込められた職人の背景を読みとくことが出来ます。この本を読むと京都の二条通りにあるお店まで行きたくなってしまうかもしれません。
    ------------------------------------------
    所在記号:588.37||ヤマ
    資料番号:20098396
    ------------------------------------------

  • 京都で400年近く、薄茶のための干菓子を作り続けている亀屋伊織。その若主人が語る、伊織の菓子の歳時記。 一見すると何屋なのかもわからないその店の商うものは、茶道で薄茶に添えられる干菓子、いわば脇役の菓子である。

    静かな佇まいの店は、出しゃばらず主張しすぎない、茶席で生きる菓子を、「相変わりませず」の精神で代々受け継いで、諸流派の茶人に納めている。
    その十八代目を継ぐであろう若主人が、季節の菓子の写真とともに、菓子同様、淡々と物静かに、伊織の歴史やその菓子がどのように作られているのかを紹介している。

    干菓子は、四季に渡ってほぼ同様に材料を使いつつ、色や造形で季節をあざやかに想起させる、不思議な菓子だ。

    千代結、荒磯、滝、兎、雀、光琳松。数々の菓子の写真が美しい。

    「ざんぐり」と「作りすぎない」伊織の菓子。伝統の中で洗練されたものが残り、新しさを嫌うわけではないが、先鋭的でありすぎない、とでも言えばよいだろうか。
    干菓子はあくまでも添えられるもの。全体の調和を乱さないものであるべし、という立ち位置が興味深い。
    おみやげ菓子とは用途が違うので、人にあげて喜ばれる、というものではない。どの菓子をどういった取り合わせで使うかは、どういった茶席で使うか次第で、客の考えにゆだねられる。
    淡々と続いてきた老舗は、これからも綿々と伝統を引き継いでいくのだろう。


    *源氏香の意匠の菓子があり、通常は法事で使われるものであるそうだ。あるとき「源氏物語」の趣向で、と考えた客に、この源氏香の菓子ではなく、御所車のせんべいと紫の蝶を勧めたという挿話はおもしろかった。

  • 「茶席で主張しないお菓子」「作り過ぎないお菓子」という言葉が印象に残った。写真も美しい。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

亀屋伊織の仕事―相変わりませずの菓子はこんな本です

ツイートする