利休の風景

  • 63人登録
  • 3.47評価
    • (0)
    • (9)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 山本兼一
  • 淡交社 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784473038470

利休の風景の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 利休の美学の真髄は「大胆にして繊細」。
    お茶の世界も深いな。

  • 利休にたずねよを読んだ後、目に留まったので手にしてみた。

  • 『利休にたずねよ』の作者が利休について思うことを書いた本。
    たぶん随筆に入れていいと思う。(ちょっと自信がない)

    『利休にたずねよ』はあまり興味がなくてスルーしていた。
    この本はたまたま茶道の本の棚を見てた時に読みやすそうだと思って手に取っただけという。

    そんな感じだったのだが、とても面白く読めた。
    歴史学は史料に残されていないことは書いてはいけないので、作者の想像も含んだ利休像が壮絶だなあと思いながら読んでいた。
    残された史料、茶道具、茶室から利休の人となりを考えていく。
    利休の美に対する執着や、情熱。
    当時の時代背景や経済状況も絡めて利休とはどんな人だったのかと自由に掘り下げていく。
    戦国時代の終わりは銀の輸出でバブルを迎え、武将たちがお金に物を言わせて名物を求める。
    一方で侘び寂びが尊ばれる。

    利休の黒、秀吉の金。
    その対比もまた美しいんじゃないかとそんなことを考えてみた。

  • 「淡公」に連載したエッセイ、というよりは評論に、対談を加え
    て単行本化した作品。

    侘び茶を完成させた千利休については、著者には『利休に
    たずねよ』の作品があるが、執筆の動機となった著者の利休
    論が、現存する茶室や茶道具を通して展開される。

    それは、「侘び」の枯れた利休像ではなく、定型的な中世の
    「書院の茶道」を破壊し、ルネサンスに対比しうる新しい美
    を求めた、革新的なエネルギッシュな利休像である。

    そして、その極限まで美を追究する姿勢が秀吉に嫌われ、
    表現者としての自己を曲げなかった利休は切腹を命じられ
    たのだとする。

  • 利休のセンスを独自の視点で捉え、秀吉との関係、楽茶碗、待庵、等伯などについて論じており、新しい発見を感じました。
    小説とは違う読み応えのある一冊でした。

全5件中 1 - 5件を表示

山本兼一の作品

利休の風景を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

利休の風景を本棚に「積読」で登録しているひと

利休の風景の作品紹介

『利休にたずねよ』の作者が浮き彫りにした、情熱の人千利休とその時代。

利休の風景はこんな本です

利休の風景のKindle版

ツイートする